【子供3人の5人家族の間取りを公開】一軒家を建てる時に重要視したこと

子供3人5人家族の間取り

5人家族で注文住宅を建てる時、間取りってどんな感じなのかな?

この記事では、子供3人5人家族の我が家の間取りを公開します。

まず、建築時の我が家の家族構成を簡単に紹介。

  • 妻(私)
  • 長女(小4)
  • 長男(小3)
  • 次男(年長)

5人家族なので、多少広さは必要ですが、土地と予算の関係から34坪の家になりました!

すみこ

決して大きな家ではないですが、住みやすさを考えた間取りができましたよ

間取りを考える時に大切なことは、「これだけは絶対に採用したい」というポイントを決めておくことです。

我が家がこだわった所は、こんな点です。

子供3人の家庭で一番頭を悩ますのが、子供部屋問題ですよね?

我が家は小さくてもいいから、3人それぞれに個室を作ることにこだわりました!
建売じゃなくて、注文住宅の選ぶ決定打になりましたよ。

すみこ

建売って、子供部屋が2つのものばかりでした…

人それぞれ、土地の大きさ・方角や予算、生活スタイルなど違うので、一つの例として参考にしてくださいね。

\簡単3分!オリジナルの間取りをリクエスト/

目次

子供3人の5人家族の我が家の間取り

間取り図の画像載せると、防犯上の問題で、手書きの間取り図で失礼します。

1階の間取り図

子供3人5人家族の間取り
すみこ

オレンジ色の部分が収納。なるべく多く確保しました!

1階の間取りのこだわりは、こんな感じです。

広さの関係で、ファミリークローゼットは断念しましたが、意外と便利に暮らせています。

すみこ

我が家には、ダイニングがありません。

  • ダイニングとリビングに2つテーブルを置くスペースがなかった
  • 家族全員そろって食事をするのは、週末くらい

といった理由から、ダイニングテーブルを置かないかわりに、キッチンをカウンターキッチンにしました。

  • 子供の宿題はカウンターでやっています。
すみこ

ダイニングスペースよりも、なるべく家族みんなが1階でゆったり過ごせるようにリビング続きの和室を設置しました。

子供が小さいうちは、なるべく同じ空間(リビング&和室)で過ごしたいです。

広めのリビングをやめて、仕切れるように和室を設置しました。
子供がにぎやかすぎる時など、扉で仕切れるのはすごく便利なのでおすすめです。

どうしても、家族が多い分外で使う物も増えてきてしまうので、シューズクロークはつけて正解でした。

お風呂は1.25坪と広めにしましたが、1坪でも良かったかな?と少し後悔しています。その分脱衣所に収納つければよかったです。

2階の間取り図

子供3人5人家族の間取り

2階の間取りのこだわりは、こんな感じです。

子供3人に個室を用意した理由は、

  • 大きくなった時のプライバシーを重視
  • 大学も自宅通学をしてもらう予定

からです。

うちは、女の子1人、男の子2人。

男の子こそ、しっかりとした個室が必要!という夫の意見を採用しました。

大きめの部屋を間仕切りで仕切るという方法は、防音性がどうしても悪くなるし、収納や窓の位置を考えて却下。

すみこ

思春期の男の子って、色々あるみたいですw

女の子が二人だったら、間仕切りタイプにしていたかもしれません。

子供部屋を個室にした場合と大部屋にした場合のメリットデメリットを知りたい方はぜひこちらの記事もお読みください。

ベランダは、室内干しにすれば、特に必要ないと思います。

5人家族に必ずおすすめしたい間取り

5人家族ならではの必要な間取りを紹介します。

基本的な考え方は、これだけ。

利用時間が重なる所は広めor2つ用意しよう!

①トイレは2つあった方が良い

トイレは絶対2つ必要。人数が多いゆえに、場所の分散は必須。

一つだと毎日のように、トイレ渋滞が発生しますから・・特に朝や食後。

また、トイレが2つあるメリットは他にもあります。

  • 夜トイレに起きても、寝ぼけて階段から落ちる心配がない
  • 感染症対策になる→元気な人は別のトイレと分ける事ができる
すみこ

実家の母からも、年を取るとトイレが近くなって夜に目が覚めるようになるから、2階にもあった方が便利だよ!と助言してもらいました。

1階をタンクレストイレのアラウーノにしたので、2階はタンク有トイレにしました。停電時にも通常通り使えるトイレがあると安心できます。

②玄関・土間収納は広めがいい

外出に一斉に靴を履くとき、横並びで3人くらい履けるとスムーズ

また、玄関って、靴を履くだけの場所ではありません。

  • 部活の道具
  • 傘、雨具
  • ヘルメット
  • アウトドア用品
  • 上着

など意外と置きたいものって多いんですよね。

それが5人分ですから、なるべく広めに確保しておきましょう。

すみこ

我が家もできれば土間収納の部分をもう少し広めにしたかったけど、あって良かった!

③洗面所と脱衣所は別がいい

洗面所と脱衣所を別にしておくと、

  • 子供が大きくなってきた時
  • 来客時

に気を使わなくても済むので、とっても便利です。

例えば、

  • 一人が風呂に入っている時に、別の人が歯磨きや手洗いも可能。
すみこ

私も高校生の時、朝風呂に入っていたけど、すごく気を使っていました

特に女の子が多い家は、分けておくといいと思います。

住んでから気が付いた事ですが、5人家族なら洗面所をダブルボウルにするのもおすすめ
シングルだと、手洗いや歯磨きなどどうしても渋滞がおきます。

追記:娘が小5になり、2階洗面台が大活躍しています。(ほぼ娘専用)

新築マイホームの間取りで後悔・失敗しないための3ステップ

たった3つのステップを踏むだけで、間取りで大きな後悔・失敗はしなくなります。

どれも家にいながら簡単にできる事なので、ぜひやってみてください。

STEP.1|たくさんの間取りを見る

間取りを作るには、まずやりたい事をピックアップする必要があります。

はじめての家づくりであなたの頭の中で浮かぶ家といったら、「実家」「今住んでいる家」「友人の家」せいぜいこれくらいですよね。しかし、時代やライフスタイルの変化に合わせて、間取りのトレンドやアイデアはどんどん変わってきています。

建てたあとで、

  • こんな事出来たなんて、知らなかった( ;∀;)
  • 知っていたら、やりたかったなぁ( ;∀;)

と後悔するなんてイヤですよね。

そのためには、とにかくたくさんのおうちや間取りを見ましょう。

手っ取り早くたくさんのおうちや間取りを見るには、カタログ一括請求サイトを使うのが一番。

各住宅会社のカタログには、力を入れているポイントや間取りのアイディアなどが写真多めで載っているので、様々な資料を集めてみましょう。

すみこ

たくさんの住宅会社(大手ハウスメーカーから地元の工務店まで)のカタログを見ることで、自分のやりたい事が見えてくるよ。

全国600社の優良企業の間取りプランを無料一括依頼

簡単3分で依頼完了!

タウンライフ」というサービスを利用すると、通常ハウスメーカーの営業さんと少なくとも3回は打ち合わせをしてようやくもらえる間取りや見積もりが、家にいながらGETできます!しかも複数社一括で!

>>私のタウンライフを利用した体験談

STEP.2|よくある失敗・後悔ポイントをチェックする

家は3回建てないと、満足のいく家にならないって聞いた事ありませんか?

それほど考える事も多ければ、後悔している人が多いということです。

しかし、家を建てた事がある先輩たちの

後悔ポイント・失敗談を知っておけば、対策する事が出来、大きな失敗は未然に防げます。

このブログでも、よくある後悔ポイントを細かく載せていますので、ぜひ自分の家は大丈夫だろうか?とチェックしながら確認していってください。

STEP.3|出来上がった間取りをプロに最終チェックしてもらう

契約前ってどうしても

  • 本当にこの間取りで大丈夫かな?
  • もっといい間取りはないかな?

と不安になるものです。

そんな時は、契約する前に、担当してくれている設計士さんではない第三者のプロの設計士さんへ「間取り診断を受ける 」という方法がおすすめです。

個人でも簡単に「間取り診断」をお願いできるサービスは「ココナラの間取り診断」です。

ココナラの間取りのセカンドオピニオン
  • 暮らしやすい間取りになっているかの診断をしてもらえる
  • 納得がいくまで何度でも修正してくれる
  • オンラインで対応可能
  • 良心的な価格
すみこ

自分で考えるより、圧倒的に知識や経験が豊富だから安心だよ

\いい設計士さんに出会える/


>>私の間取り診断を受けた体験談

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる