ハウスメーカーの一括資料請求のデメリット!利用すべきなのか注意点も合わせて紹介

ハウスメーカーの一括資料請求を利用する最大のデメリットは、営業電話が来ることです。
また一括資料請求サイトに登録してあるハウスメーカーへしか資料請求できないのもデメリットになります。

その代わりに家にいながら複数のハウスメーカーを比較できるのが最大のメリットです。

住宅展示場へ行けば見学だけでも1社につき1~2時間程度かかりますし、営業マンの話術にのせられ契約し、「もっと色んな会社を見れば良かった」と後悔する人も少なくありません。

一括資料請求を利用すると、営業マンと顔を合わせる前に担当者やハウスメーカーを見極める事が出来るのもメリットですね。

この記事ではハウスメーカーの一括資料請求を本当に利用すべきなのか?デメリットや注意点を詳しく紹介します。

目次

ハウスメーカーの一括資料請求を使うデメリット5つ

注文住宅カタログの一括資料請求のデメリット

資料請求は自宅に郵送されるものであるため、氏名はもちろん、住所や電話番号などの個人情報をまだ建てるかもわからないハウスメーカーや工務店へに教えてしまうことになります。

そこで起こるハウスメーカーの一括資料請求サービスを使うデメリットは主にこの5つ。

  • 電話やメールで営業がくることがある
  • すべての住宅会社が登録されているわけではない
  • 個人情報(住所や電話番号)の入力が必要である
  • 担当が決まってしまう
  • 資料が多く、場所を取る

それぞれ詳しく紹介します。

デメリット①電話やメールで営業がくることもある

ハウスメーカーに資料請求をする際の一番の気がかりはやはり「しつこい営業は来ないか?」ですよね。

  • 資料は届きましたか?
  • その後いかがでしょうか?
  • 完成見学会に来ませんか?

このような営業電話がかかってくることもあるのが事実です。

DMチラシやメールマガジンも定期的に届くし、中には、まれにではありますが、家に訪問してくることも…。

最近は企業側もしつこい営業電話は嫌われると分かっていますし、あまりにしつこいとすぐに「SNSにさらされる」時代なので、何度も電話をかけて来たりすることはあまりありませんが、何も対策しなければ最低1回は営業があると思っておきましょう。

ただし、ハウスメーカーの資料請求することで、カタログのような紙面での情報に加え、実際に担当者と電話で話す事で営業さんとの相性であったり、力を入れているポイントだったりと分かりやすい部分があるのも確かです。

お気づきの方もいると思いますが、この営業は資料請求に限った話ではありません。
住宅展示場へ行った場合はさらに長い営業マンの話を聞く必要があるし、もちろんその後の連絡もあります。

デメリット②すべての住宅会社が登録されているわけではない

ハウスメーカーの一括資料請求サービスでは、全国のたくさんのハウスメーカーや工務店と提携してしているので、名前も知らなかったような工務店と出会える可能性があるのがメリットの一つ。

ただし、残念ながら全国すべてのハウスメーカーや工務店と提携している一括資料請求サービスはありません。

もしも、気になっているハウスメーカーが登録していなければ、そこだけ個別に資料請求をする必要があります。

特に地方の場合、地域によっては対応できる建築会社は限られるため、一括カタログ請求サイトを利用しても対応している建築会社が少ないケースもあります。

ただし、一括カタログ請求サイトは全国の数百社と提携しているので、住宅展示場へ行くより圧倒的に多くの住宅会社を知る事が出来ます。

どの資料請求サービスでも依頼する前に建てたい「地域」や「要望」に絞って対応している住宅会社を確認する事ができるので、チェックしてみましょう。

デメリット③個人情報の入力が必要

ハウスメーカーの一括カタログ請求を利用すると、住宅会社から郵送でカタログを受け取ることになります。そのため、個人情報の入力が欠かせません。

一般的なハウスメーカーの一括カタログ請求に必要な個人情報は以下の通り。

  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 現住所

メールアドレスはフリーメールを利用するのも一つの手ですね。

また、信頼できるサイトかどうかを確認するために、利用前にプライバシーポリシーをチェックしておくと安心です。

デメリット④担当が決まってしまう。新人になることも…

ハウスメーカーへ資料請求をした時点で、あなたの担当が決まってしまいます。

相性が良くて優秀な担当がつけばいいですが、イマイチな新人が担当に付く可能性もあります。

ただし、これは最初に住宅展示場へ行っても同じこと。

担当は店長やマネージャーへ相談することで変更してもらうことも十分可能です。

営業担当は

デメリット⑤資料が多く、場所を取る

ハウスメーカーへ一括資料請求をすると、カタログや資料がたくさん届きます。

カタログ1冊のハウスメーカーの所もあれば、間取り集や構造面の資料、資金計画の資料など多く送ってきてくださるハウスメーカーなど様々です。

全てのハウスメーカーの資料を合わせると、重いし場所を取るので、注意が必要です。

ハウスメーカーの一括資料請求を使うメリット7つ

ハウスメーカーへの一括資料請求にはデメリットもありますが、メリットが多いというのが実際に使った私の本音です。

ハウスメーカーへ一括資料請求することのメリットは次の7つです。

  1. 多くの住宅会社が候補になる
  2. 営業されにくい
  3. 自宅からいつでも資料請求できる
  4. 運営会社が怪しい住宅会社を省いてくれている
  5. 詳しく話を聞いてみたいハウスメーカーを絞りこむ事ができる
  6. ハウスメーカーの強みが分かる
  7. 今の家のトレンドややりたい事が分かる

それぞれを詳しく見ていきましょう!

メリット①多くの住宅会社が候補になる

一括資料請求をする最大のメリットは、やはり多くの住宅会社を候補にすることが出来る点です。

大手のハウスメーカーや中小工務店など多くの住宅会社がある中で、予算内でもっともあなたの希望・条件を叶えてくれる会社を選びたいですよね。

そのためには、多くの住宅会社を比較するのとても重要です

住宅展示場には多くのハウスメーカーが集まっていますが、1社あたり1~2時間程度時間が取られるので、時間的にもあまり多くの住宅会社を回れないのが現状です。

しかし、一括資料請求をすると、各住宅会社の担当とつながることが出来ます。

希望する広さや条件などを伝えれば、

  • 概算の建築費用を聞くこともできますし、
  • 営業マンとの相性もわかります

多くの会社が候補になるので、選択肢が増えますよ。

メリット②住宅展示場へ行くより営業されにくい

一括資料請求をすることで、

  • 価格
  • 性能
  • 設備
  • 間取り
  • デザイン
  • 営業マンの人柄

などを落ち着いて住宅会社を比較できます。

住宅展示場へ行けば、ぐいぐい営業され詳しい話を聞いているうちに、他社と比較する前に契約してしまい後で後悔するパターンが多いですが、一括資料請求を使えば、営業マンに会わずに資料を手に入れることができます。

もちろん営業電話がかかってくる場合もありますが、あらかじめ「電話や訪問での営業をお断りしています」と記入しておけばしつこい営業はありません。

メリット③自宅からでも、いつでも資料請求できる

ハウスメーカーへの一括資料請求は、24時間いつでも申し込みができます。

そして、インターネットから一括資料請求を申し込むと数日~1週間程度で自宅へ資料が届きます。

  • 休みがつぶれない
  • 夫婦の休みがズレていても問題ない
  • 小さな子供がいても気にしなくていい

自宅で自分のペースで資料を見ることができるのがいいですよね。

メリット④運営会社が怪しいハウスメーカーを省いてくれる

ハウスメーカー選びで重要なのは、安心して家づくりができるか?です。

  • 嘘やクレームばかりのハウスメーカー
  • 倒産しそうなハウスメーカー

は論外ですよね。

ハウスメーカーへの一括資料請求サービスは、厳格な国家基準をクリアした信頼のある住宅会社のみ提携しているので、安心して利用できます。

メリット⑤詳しく話を聞いてきたいハウスメーカーを絞りこむことができる

ハウスメーカー選びをする際、気になるハウスメーカー全てから話を聞くなんて事は不可能です。

時間や手間もかかるので、3社程度しか比較できないというのが現実です。

そのため、詳しく話を聞いてみたいハウスメーカーを絞りこむのに一括資料請求は最適です。

  • 各ハウスメーカーの強み
  • 営業さんの対応力
  • 性能やデザインの好み

などを一括資料請求で見極めましょう。

メリット⑥ハウスメーカーの強み弱みが分かる

ハウスメーカーのカタログは、ハウスメーカーが自社の強みや特徴を紹介している資料なので、どのハウスメーカーが何に力を入れているのかが良く分かります。

逆に苦手としている分野については深く触れられていないので、弱みを知る事も可能です。

例えば、

  • 耐震・免震に力を入れている
  • 家の断熱性能に力を入れている
  • 開放的な間取りができる構造である
  • 全館空調など換気性能に力をいれている
  • 生活動線の良い間取りの提案をしている
  • アフターメンテナンスが充実している

などです。

メリット⑦今の家のトレンドややりたい事が分かる

前もって資料請求をしておくと、カタログなどに事前に目を通すことができます。

すると、間取りや家事動線のトレンドや家づくりでやりたい事が見えてきます。

また、実際に展示場見学や完成宅見学の際には、わからなかった点や気になった点を質問することができますよ。

  • 高気密・高断熱住宅って何?
  • 長期優良住宅って何?
  • こんな家事動線はできる?

さらに打ち合わせが始まった際にも、カタログの写真を見せることでイメージを分かりやすく伝えることができます

ハウスメーカーの資料請求から読み取れること

ハウスメーカーへ資料請求をすると送られてくるものは、家のカタログだけではありません。

  • 完成見学会や工場見学、入居宅訪問の情報
  • 展示場へ来店時の予約特典
  • 見積もりや間取りの提案
  • 資金計画や住宅ローンに関する冊子

が同封されている場合が多くあります。

ただし、ハウスメーカーごとに送付されてくるものは違い、資料請求に対する力の入れ具合が違うので、送られてくるのはカタログだけなんてこともあります。

また、送られてくる資料情報の充実はもちろんですが、パッと見たときの印象や資料請求時の対応は実際に家を建てる時の対応にもつながってきます。

  • 自分の好みに合っているか
  • 予算は見合っているか
  • 真摯に対応してくれているか
  • そのハウスメーカーの強みや理念に共感できるか

このような点に着目しながら、資料に目を通してみてくださいね。

ハウスメーカーへ一括資料請求を行う時の注意点

カタログ請求3

次にハウスメーカーへの一括資料請求を行う時の注意点を紹介します。

以下の点を注意しておけば、安心して利用できますよ。

  • しっかりと「営業電話NG」「訪問NG」と記載する
  • 資料請求する会社をある程度絞る
  • 資料請求後、ご縁がない場合はきちんと断る
  • 要望はしっかりと書く
  • 過度の期待はしない

それぞれ解説していきます。

注意点1.しっかりと「営業電話NG」「訪問NG」と記載する

注文住宅カタログの一括資料請求のデメリット

まずは、ゆっくりとカタログを見てみたいので電話での営業や突然の訪問をしてほしくない場合は、一括資料請求サービスを使う際の要望を書く欄にしっかりと以下の要望を記入しておきましょう。

  • 電話での営業はお断りします。メールにてお願いします。」
  • 自宅への訪問はNGです

これで、ほとんどの電話営業は来なくなります。

しかし、それでも電話営業が来る場合は、「きちんと要望を読んでいない」「こちらの都合を考えていない」会社として、候補から外す判断材料とするのも一つの手です。

注意点2.資料請求する会社をある程度絞る

注文住宅カタログの一括資料請求のデメリット

手当たり次第に資料請求をした場合、その分だけ営業電話や勧誘メールがあると考えておきましょう。

本当に検討している詳しく知りたい会社ならともかく、

  • 予算が全く合わない会社
  • 雰囲気が好みではない会社

絶対建てないであろう会社からのメールや電話対応は、お互いにとってメリットはありません。

やみくもに資料請求するのではなく、本当に興味がある住宅会社だけを選び、候補を絞り込んだうえで資料請求することをおすすめします。

すみこ

5~6社くらいがいいと思うよ

注意点3.資料請求後、ご縁がない場合は、「きちんと断る」

注文住宅カタログの一括資料請求のデメリット

資料請求後、カタログや資料を見たけど、いまいち興味が湧かなかった場合は、きちんと断ることが重要です。

「検討中です」というあいまいな言葉をいってしまうと、なかなか営業がとまりません。

断り文句として効果的なのは、「もう別の会社に決まりました」の一言です。

当然、相手はどこに決まったのかなど具体的なことを聞きたがりますが、答えられる範囲で問題ありません。

「家づくりをやめました」というような断り方は、「低金利ですし、今が買い時です…」といった営業に持っていかれるので、自分たちの中でその住宅会社で建てる可能性が低いのであれば、「別の会社にきまりました」が効果的です。

注意点4.要望はしっかりと記載すること

ハウスメーカーの一括資料請求サービスは、顔を合わさずに資料を集める事ができる反面、すべて文章で伝える必要があるためこちらの要望がうまく伝わらないことがあります。

そのため、入力フォームの要望欄には、できるだけ詳しく要望を記載しましょう。

  • 営業電話NGはお断りします。
  • 〇〇の間取りの提案お願いします。
  • 〇〇の間取りの場合の概算見積もりをお願いします。

特に、間取り案や見積もりが欲しい場合は、具体的な要望がないと作成できないので、注意してくださいね。

例えば、こんな感じです。

  • 4LDKを希望
  • 共働きだから家事動線のいい家にしたい(室内干しがいい)
  • キッチンからリビングで遊ぶ子供の姿が見えるようにしたい
  • リビングは広く開放的な間取りがいい
  • 老後まで暮らせるように1階だけでも生活できる間取りがいい
  • テレワーク用のスペースを確保したい

注意点5.過度の期待をしないこと

ハウスメーカーの資料請求に過度の期待をし過ぎてはいけません。

資料請求しただけで、自分に合うハウスメーカーを決めることが出来るわけではありません。

資料請求後は良さそうだなと感じたハウスメーカーの工場見学や完成宅見学会などに参加しつつ、納得した上で一つのハウスメーカーに決めます。

  • ハウスメーカーの対応力を見極める
  • 対応の悪い会社を候補から外していく

「これから一緒に家づくりをしていきたいパートナーを選ぶ」という意識で利用していきましょう。

ハウスメーカーの一括資料請求5社の内容を徹底比較

ハウスメーカーカタログの一括資料請求で「実績もあり、使い勝手もいい、安心できる」サービスは以下の5社です。

特徴がわかりやすいように比較表にまとめましたので、ご覧ください。

スクロールできます
タウンライフ


家づくりのとびら

ライフルホームズ

持ち家計画

ハウジングバザール

提携会社数600社以上120社以上1000社以上100社以上300社以上
カタログ
間取りプラン
資金計画
土地の提案
プレゼント成功する家づくり7つの法則はじめての家づくりノート 契約した際
お祝い金あり
お断り代行
運営会社

各サービスの特徴については、別記事にてまとめています。

ハウスメーカーの資料請求のまとめ

ハウスメーカーのカタログは住宅展示場へ行ってももらう事ができますが、必ず営業マンと話をしなければいけません。

さらに、各ハウスメーカーごとに、何度も同じようなアンケートを書かされるので、非効率。

ハウスメーカー選びをする時は、まずカタログの一括資料請求サービスを利用しましょう。

ハウスメーカーカタログの一括資料請求のメリット
  • 多くの住宅会社が候補になる
  • 営業マンに会わずに、カタログが入手できる
  • 送り先や希望条件などの入力が一回で済む
  • 運営会社の審査に通った優良企業しか載っていないので、安心できる

これから家づくりを始める方は「しっかりと比較するぞ」という気持ちでぜひ使ってみてください。

結果、「お願いしたい」「もっと詳しく話を聞いてみたい」という建築会社をスムーズに選ぶ事ができますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる