【間取りが決まらない】後悔しない納得の間取りを作るとっておきの方法

間取りが決まらない

間取りを何回も修正してもらっても、なんかしっくりこないよ~

本当にこの間取りでいいのかな?もっといい間取りにできないかな?

すみこ

我が家も間取りはずっと不安だったし、なかなか決まりませんでした

せっかく注文住宅を建てるんなら、後悔のない間取りにしたい気持ちはすごーくわかります。

でも、限られた家や土地の広さ・予算では、すべての要望を叶える事が難しいのも事実。

間取りが決まらなくて後悔しないためには、

  • 優先順位をしっかりと決める
  • 他の人からの意見を聞く

のがおすすめ。

なかなか間取りが決まらない…と検討中の方は、ぜひこの方法を試してみてください。

まずは、【無料】で複数社から間取りをもらう
タウンライフ家づくり

納得がいかなかったら、【有料】で細かい部分まで納得いくまで間取り相談する
ココナラでプロに相談

目次

間取りが決まらない人がやるべきこと4STEP

一条工務店

何度も修正してもらっても、なかなか間取りが決まらない人は、次の手順で間取り決めをやってみましょう。

すみこ

我が家も間取りに苦労したからやったよ。

  1. マイホームのコンセプトを決める
  2. 欲しい物、必要なものを書き出す
  3. 優先順位を決める
  4. 第三者に意見を聞いてみる

1.マイホームのコンセプトを決める

マイホームのコンセプトというと、ちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと

  • どんな家に住みたいのか
  • どんな暮らしがしたいか

です。

すみこ

考えているだけでワクワクするよ!

例えば、こんな感じ。

どんな家にしたい?(例)
  • 友人を呼んでホームパーティーを開きたいから、リビングが広くて開放感のある家
  • 子育て中の共働きだから、家事動線が良くて、掃除のしやすい家
  • 生活感を隠したいから収納たっぷりの家
  • 夫婦でマンガが大好きだから、マンガ部屋をリビング横に作りたい

実際に決まった我が家のコンセプトはこちら▼

我が家のコンセプト
  • 子供の小さい時→キッチンから様子が見えてる場所で遊んで、リビング学習
  • 大きくなったら→子供のプライバシーを個室で確保しつつ、リビング階段で毎日顔を合わせて生活したい
  • オシャレさよりも掃除のしやすい家(笑)
すみこ

キラキラではなく現実的(笑)

2.欲しいスペースややりたい間取りをリストアップ

次に、欲しいなと思っているスペース、やりたいと思っている間取りをどんどんリストアップしていきましょう。

雑誌やカタログなどを見ながら、いいなと思う間取りに付箋を貼っていってもいいと思います。

例えばこんな感じ。

欲しいもの、やりたい間取り(例)
  • キッチン横にダイニング
  • リビング収納
  • リビングにスタディスペース
  • リビング階段
  • リビング続きの和室
  • リビングが吹き抜け
  • ファミリークローゼット
  • ランドリールーム
  • 洗面所と脱衣所を分ける
  • パントリー
  • シューズクローク
  • ウォークスルークローゼット
  • 土間
  • トイレは2つ
  • インナーバルコニー
  • 書斎
  • 書庫
  • シアタールーム
すみこ

採用するかしないかは別として、いいなと思った間取りをどんどんリストアップしていこう

3.優先順位の確認

次に、リストアップしたやりたい間取りリストに優先順位を決めていきます。

色々みていると、「あれもやりたい!これもやりたい!」となってくると思いますが、限られた広さと予算の中ですべての希望を叶えるのはほど不可能です。

その時に大事になってくるのが、最初に決めたコンセプト!

コンセプトを大事にしながら絶対に譲れないポイントを決めるのがおすすめ。

すみこ

こだわりポイントがあると、満足度もあがるよ!

例えば、

共働きで家事動線のいい家に絶対したい→洗濯して、干して、しまうまでがスムーズな間取りにしたい

など、マイホームで必ずやりたい事を決めましょう。

我が家の場合のコンセプトは、

  • 子供の小さい時→キッチンから様子が見えてる場所で遊んで、リビング学習
  • 大きくなったら→子供のプライバシーを個室で確保しつつ、リビング階段で毎日顔を合わせて生活したい
  • オシャレさよりも掃除のしやすい家

と考えていたので、

  • 子供にそれぞれ個室を作る
  • リビング続きの和室
  • リビング階段
  • リビングに学習スペース
  • リビングに収納

というのが条件でしたが、

すみこ

リビングに要望多すぎる!

我が家は5人家族なので、食事は大きなテーブルが必要。
だけど、ダイニングとリビング両方に広めのスペースを作ると、希望がうまくハマらない。

そこで思い切って、ダイニングなしのカウンターキッチンに

リビングの希望がすべて叶った。(家族での食事はリビングで座卓です)

もっと子供が小さかったら、ダイニングを採用してたかもしれません。

すみこ

赤ちゃんのいる家庭は、座卓だとテーブルの上のものすべて触っちゃうので、ゆっくりご飯食べれないですもんね

こんな感じで、コンセプトで優先順位をしっかりと決めると、妥協してもいいかな?というポイントもわかってきます。

優先順位の高いものから間取りをはめ込んでいって、あとはプロにお任せしちゃいましょう。

4.第三者に意見を聞いてみる

「それでも間取りが何かしっくりこない・・」という場合は、正直設計士さんの技量の問題かもしれません。

そんな時は、妥協して間取りを決めてしまう前に第三者に意見を聞いてみるというのも一つの手です。

  • 同じハウスメーカー
  • 同じ設計士さんと営業さん
  • あなた

同じメンバーではなかなかいいアイディアが出てこないけど、プロの第三者へ相談してみると簡単に問題が解決する場合があります。

第三者へ相談する場合は、なるべくプロがおすすめ。
素人だと通風や採光がうまくいってなかったり、ルールや構造上の問題などが出てきて、余計おかしな事になる可能性もあります。

間取り相談に乗ってもらえるサービス2選

ハウスメーカーの設計士さんに何度も修正をお願いしづらかったり、ちょっと提案力に不満がある場合でも、第三者なら気軽に相談できるのがいい所です。

では、煮詰まった間取りの相談に乗ってもらえるサービスを紹介します。

【無料】タウンライフ家づくり

無料で間取りプランを作成してくれるサイトに「タウンライフ家づくり」があります。

間取りの作成

希望の間取りや予算を入力すると、複数社からカタログや間取りが無料で送られてきます。

実際にもらった間取りはこちら▼

とっても素敵な間取りが届きましたが、正直ちょっと要望と違う間取りでした。

これは私に原因があったんです。

理由は、ざっくりとしか要望を伝えなかったから・・

広さや予算だけでは希望通りのプランがもらえるはずがありません。

希望に合う間取りをもらうコツは、

  • リストアップした「やりたい間取りリスト」を細かく要望に書くこと!

無料で間取りがもらえるサービスはタウンライフしかないので、一度使ってみてください。

▼我が家が実際に利用したもっと詳しいタウンライフの口コミもどうぞ▼

【有料】ココナラ

もう一つ、間取り相談ができるサービスに「ココナラ」があります。

ココナラって知っていますか?

最近はCMもよく流れているので、聞いた事はある人も多いと思いますがココナラは個人がスキルを販売できるサイト。

イラストやWEB制作、恋愛相談など様々なスキルを個人が販売しています。

すみこ

このアイコンもココナラで作ってもらったよ♪

ココナラで「間取り相談」と検索すると、たくさんの間取り相談サービスがでてきます。

ココナラで間取り相談を頼むメリット
  • オンラインで完結
  • 個人情報を教える必要なし
  • 納期がスピーディー
  • 納得いくまで相談できる
  • 営業なし
  • 良心的な価格

ココナラの出品者さんは設計士でありながら、あくまでも個人なので、設計事務所に相談するよりも断然安いのが特徴です。

  • 間取りのアドバイス
  • 彩光、換気、窓のアドバイス
  • 電気図面、コンセント位置のアドバイス
  • コストダウン、材料のアドバイス
  • インテリア、エクステリアのアドバイス

など内容も充実しています。

料金は出品者ごとにそれぞれ違い、数千円~数万円とピンキリですが、間取りで後悔することを防げると考えれば、決して高くないと感じます。

出品者さんの経歴やサービス内容や金額、評価、口コミをよく見て、お願いする人を決めましょう。

すみこ

ゴールドorプラチナランクの人に依頼するのがおすすめ

ココナラで間取り相談をする

間取りは後悔しないように納得するまで検討しよう

間取りに悩んだら、ぜひ以下の事を書き出してみましょう。

  1. マイホームのコンセプトを決める
  2. 欲しい物、必要なものを書き出す
  3. 優先順位を決める

それでも決まらなかったり、本当に大丈夫かな?と感じたら、「第三者へ間取り相談」がおすすめ。

誰もが間取りは悩んで、不安になるものです。

すみこ

妥協して決めてしまって後悔することがないようにしましょう。

まずは、【無料】で複数社から間取りや見積りをもらう
タウンライフ家づくり

納得いかなかったら、【有料】で細かい部分まで納得いくまで間取り相談する
ココナラでプロに相談

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる