転勤族の家づくり

【体験談】マイホームを遠方に建てました!大変だったこと・注意した点

マイホームを遠方に建てる

本来なら現在住んでいる土地周辺に建てるのが一般的なマイホーム。

しかし、中には

  • 実家近くに引越すから先に家を建てて、引越しと同時に新居に住みたい
  • 転勤先に先に家を建てて、転勤と同時に新居に住みたい

などといった方もいるでしょう。

そもそも遠方(通常、飛行機や新幹線を使わなければいけない距離)に家を建てることってできるの?

そんな疑問にお答えします。

答えは、大変だけど可能です。

すみこ
すみこ
我が家は北東北に住んでいた時に、関東へ家を建てました。

当初は建売物件を買おうと探しましたが、気に入る家が見つからず、注文住宅を建てました。

この記事では、

  • 土地探し
  • ハウスメーカー選び
  • 建築中

など遠方にマイホームを建てる時に大変だったこと・注意した点について紹介します。

マイホームを遠方に建てる方法|土地探し編

まずマイホームを建てる時考えなければならないのは、土地です。

マイホームを買ったら、簡単に引越すことはできません。この先何十年と住むことになる場所ですから、しっかりと考えて選ぶ必要があります。

土地探しは多少土地勘がないと厳しい

実家の建て替えなどですでに土地を持っている場合はOKですが、一から土地探しをする際は、多少は土地勘のある場所を選びましょう。

  • 全く住んだことのない県
  • 全く親戚・知人のいない県

にマイホームを建てるのは無謀です。

すみこ
すみこ
我が家は転勤族で以前住んだことがある地域に家を建てました。

関東→北東北に転勤(マイホーム計画)→関東に建てるといった感じです。

私が東京・名古屋・大阪・四国・東北と様々な場所に転勤して感じるのが、地域によって、人間性が全然違うということ。

今はインターネットで情報はすぐに手に入りますから、

  • 近くにある建物(スーパー・駅・病院など)
  • 防災に強い地域か?弱い地域か?

といった利便性や安全性は離れていてもだいたいの事がわかります。

しかし、

  • 土地の雰囲気
  • 土地の人間性・人柄

は住んでみないと分かりません。

都会は色々な地域の人が集まってきているので、その点は大丈夫かと思いますが、地方に家を建てる場合は要注意です。

すみこ
すみこ
地元愛が強すぎる故に、よそ者になかなか心を開いてくれない地域ってありますから・・

土地は必ず自分の目で見て決めよう

遠方に建てる場合、なかなか実際に土地を見て回るのは大変だと思います。

それでも、必ず出向いて自分の目で見て決めましょう。

  1. 数ヶ所見たい土地の目星をつけておく
  2. 実際に見に行く
すみこ
すみこ
第一希望の土地が実際見に行ったら、街の雰囲気がちょっと暗くて、第二希望の土地の方が良かったという経験があります。

数千万の家を建てるのに、数万円をケチって、一生後悔することがないようにしましょうね。

  • 通勤通学の時間帯の交通量はどんな感じ?
  • 夜は暗すぎない?街灯はあるか?
  • 人通りはどんな感じ?

キチンと確認しましょう。百聞は一見にしかずです。

すみこ
すみこ
我が家も土地探しで2回見に行きました!

土地を購入した時の契約や登記は書類を郵送してもらって出来ました。

【マイホームの土地探し】理想の土地の探し方と購入の決め手となったポイントマイホームの土地をどんな方法で探したのか?どんな条件の土地を探したのか?最終的に決め手となったポイントはどこか?について体験談もとに紹介しています。土地探しには必ずチェックしておくべきポイントもあるので、参考にしてください。...

マイホームを遠方に建てる方法|ハウスメーカー編

家を建てる時は、工務店やハウスメーカーと契約して家を建てます。

遠方に家を建てる時は、

  • 今住んでいる場所
  • 建てる場所

両方に営業所や支店があるハウスメーカーを選びましょう。

家づくりを決めることがたくさん。壁紙や設備など実際に見て決めるものもたくさんあります。メールやスカイプなどのテレビ電話では難しいでしょう。

おのずと地域密着型の工務店は選択肢から外れることになります。

ハウスメーカーでもできない場合もある

全国に展開しているハウスメーカーでも、遠方に家を建てることができないハウスメーカーもあります。

すみこ
すみこ
フランチャイズや地域ごとに別会社になっているハウスメーカーは基本できません

まずは、以下の事を聞いてみましょう。

  • 遠方に建てることはできるか?
  • 遠方に建てた経験はありますか?
  • どういうふうに打ち合わせをするのですか?

いくら出来ると言っても、担当の営業マンや設計士さんに経験がないと、不安ですよね?

経験のある方に担当になってもらいましょう。

すみこ
すみこ
我が家は、営業・設計共にベテランの方が担当してくれました

地域によって家づくりにはルールがある

地域によって、建築のルールが違います。

例えば、関東に住んでいて、雪国に家を建てる時、担当の人が

  • 雪かきの道具を置く場所を取る
  • 屋根から雪が落ちる場所を確保しておく
  • 窓や暖房など雪国仕様にする

などしっかりと提案したり相談に乗ってくれないと住んでから困りますよね?

これは住んでいる人にしかわからないので、ハウスメーカー間で密に連絡を取り合ってくれるハウスメーカーを選びましょう。

なるべく近いハウスメーカーを選ぼう

家づくりは、間取り・設備・内装・外観・外構など決めることがたくさんあります。

それ故、打ち合わせの回数もたくさん。遠方に建てるとなったら、尚更です。

我が家も半年もの間、2週に1回のペースで打ち合わせをしました。

すみこ
すみこ
1回2時間~3時間程度の打ち合わせに通うので、家からなるべく近いハウスメーカーがいいですよ
住宅展示場のデメリット
【いきなり住宅展示場へ行くのはやめましょう】デメリットと行く前に準備しておくこといきなり住宅展示場へ行ってはいけません。まずは、行く前にほんの少しの準備をしてから行きましょう。 この記事では、住宅展示場のデメリットと行く前に準備することについて紹介します。...

マイホームを遠方に建てる方法|建築中編

設計、打ち合わせが終わると、いよいよ家を建て始まます。

その時不安になるのが、

遠方でなかなか見に来ないからと言って、手抜き工事にされないの?

という点です。

我が家も多少の不安はあったので、以下の方法を取りました。

  • 建築開始前に、現地の営業さん、現場監督さんと顔合わせをする
  • スケジュールは細かく連絡してもらう
  • 逐一写真を送るよう約束してもらう
  • 何度か実際に見に行く

実際に会って、顔合わせをしよう

建築が始まる前に、一度顔合わせを行いましょう。

我が家は地鎮祭を行い、その際に、

  • 私たち家族
  • 今の営業さん
  • 現地の営業さん
  • 現場監督さん

で顔合わせを行いました。

一度も会ったこともない人より「お互いどんな人が住むのか」「どんな人が建てるのか」がわかっていた方が安心できますからね。

議事録をしっかりと取ろう

打ち合わせ段階から注意していたのが、

  • 言った、言ってない
  • 聞いた、聞いてない

と問題になることです。これがあると後々面倒になります。

そのためにも、打ち合わせ中にしっかりと議事録を取る!ことが大切です。

打ち合わせの度に、

  • 決まったこと
  • 検討中のこと
  • 現地の営業さんに確認中のこと

これらをキチンとパソコンでもノートでもいいのでメモしておきましょう。

連絡は細めに取り合おう

遠方に家を建てると、なかなか見に行くことができません。

そのため、現地の営業さんや現場監督さんに頼んで、

  • スケジュールを細めに連絡してもらう
  • こまめに写真を送ってもらう

ようにしましょう。

すみこ
すみこ
2週間に1回くらいは連絡が欲しいところですね

任せっきりではいけません。

こちらから、

「今どんな状況ですか?」

「順調に進んでいますか?」

「何かできることはありますか?」

と時々連絡しましょう。

もちろん、現地に何度かは見に行くことができたらベストです。

最終的には、人と人なので、信頼関係が大切!

家が出来てからもメンテナンスなどで関係は続いていくので、建築中にしっかりと信頼関係を築きましょう。

まとめ

マイホームを遠方に建てる時に大変だったことは、ずばり土地探し・ハウスメーカー探しです。

経験のある安心できるハウスメーカーさんに出会えれば、あとはハウスメーカーさんの指示に従っていけば概ね大丈夫。

そのためにも、数あるハウスメーカーの中から自分達の条件に合うハウスメーカーを探すことが大切です。

繰り返しになりますが、

  • 遠方に建てることはできるか?
  • 遠方に建てた経験はありますか?
  • どういうふうに打ち合わせをするのですか?

を聞いて、納得のいくハウスメーカーを選びましょう。

大手ハウスメーカーのカタログを一括請求する

マイホーム作りのスケジュール
転勤族がスムーズにマイホームを購入するまでの流れ・スケジュール【まとめ】マイホーム購入を決意してから、ハウスメーカーと契約するまで・契約してから引き渡しまでのスケジュールをまとめました。自分は今どの段階のことをやっているのかがわかることで計画的に家づくりをすることができます。ぜひ参考にしてください。...