我が家の新築マイホームの失敗・後悔ポイントの全てを公開!これから建てる人必見

マイホームの後悔ポイント

人生で最も大きな買い物であるマイホーム。

誰もがせっかく建てるんだから

  • 満足のいく家にしたい
  • 後悔したくない

と思いますよね?

私も色々一生懸命考えて、これでOKなはず!と思って契約したはずなのに、住んでみると、

すみこ

こんなはずじゃなかったーーー!!
もっとこうすればよかった

という後悔ポイントが多々出てきてしまいました。

なぜこんなに後悔ポイントが出てきちゃったのか?

それは、知識不足だったからです。

どの後悔ポイントも本当にちょっとの失敗が多くて、知っていたらもっと快適に!もっとオシャレに!暮らせただろうなというポイントがたくさんあります。

  • もっと情報収集をしていれば良かった…
  • もっとたくさんの家を見ておけば良かった…

そこでこの記事では、

  • 土地選び
  • 間取り
  • 内装
  • 外構

に分けて、我が家のマイホームの後悔ポイントを全て紹介します。

>>成功する家づくりの7つの法則を無料でもらう

目次

新築マイホームの後悔ポイント|土地編

マイホームの後悔ポイント

え!そこから?と思う方もいると思いますが、マイホームの後悔ポイントの一つが土地です。

すみこ

すごーく後悔しているわけではないですが、思っていたのと違うという部分がありました

我が家は東北に住んでいる時に、関東へ建てたので、いわゆる土地勘がない場所の土地を買ったんです。

もちろん、

  • 災害に強い地域か?
  • 安心してすめそうな土地か?

を考えて、現地を確認したり、周辺状況の聞き取り確認などはしたのに、住んでから気が付いた点があるので紹介します。

>>我が家が重要視した土地選びのポイントはこちら

思っていた以上に車の通りが多かった

道

家自体が大通りに面しているわけではないので、あまり交通量は気にしていませんでしたが、家のすぐ近くの道が思っていたよりも交通量が多かったんです。

住んで後に分かりましたが、大通りが混むので、すぐ近くの道が地元民が使う隣の市へ行く抜け道でした。

すみこ

あまり広い通りではないので、毎回すれ違う時が怖い…

なぜ現地を見に行った時は何も感じなかったのかなと振り返ってみると、昼間の時間帯に見に行ったから。

平日の朝や夕方の通勤時間帯を確認しておけば良かったです。

徒歩15分は意外と遠い

駅まで徒歩15分

電車通勤や電車通学になる予定だったので、駅近の土地を探していましたが、徒歩5~10分の土地は高すぎて、手が出ませんでした。

徒歩15分なら許容範囲内かな?と思って購入しましたが、毎日の通勤通学を考えると大変です。

すみこ

雨の日も、真夏の暑い日も、往復で30分。

徒歩15分は自転車を使いたくなる距離というのが正直な感想です。自転車を使えば、半分くらいの7分くらいで着きますからね。

物件情報の徒歩○○分というのは、80m=1分で計算しているだけなので、信号の有無や勾配などは考慮されていません。

徒歩15分はいずれ自転車を使う事になる事を想定して、自転車置き場用のスペースを取っておくことをおすすめします。

必ず、何度か実際に歩いてみる事も必須です。

すみこ

子供用の自転車置き場は作ったけど、私の自転車まで置くスペースはないので、頑張って歩きます

新築マイホームの後悔ポイント|間取り編

マイホームの後悔ポイント

続いて、間取りの後悔ポイントです。

すみこ

間取りはかなり検討したので、致命的な失敗はありませんが、もう少し色んな間取りを見てみても良かったな…

間取りがうまくいかないなぁと悩んでいる人は諦めて契約する前に、以下の記事を読んでみてください。
>>【間取りが決まらない】後悔しない納得の間取りを作るとっておきの方法

ウォークインクローゼットは寝室に必要なかった

寝室にWIC後悔

寝室は基本的に寝るだけなので、クローゼットはいりませんでした。

子供と一緒に寝ている場合は、クローゼットを開けガサガサしていると起きる場合があるので、廊下からクローゼットに行けるようにすれば良かったです。

すみこ

そもそもファミリークローゼットを1階に作れば良かった…

  • 洗濯する
  • 干す
  • 片付ける

洗濯導線を同じ階にすると生活しやすいですよ。

1階の和室の収納に服を片付けるように変更して、少し動線がよくなりました。
寝室のウォークインクローゼットは季節外の服を収納しています。

収納は広く浅くにすればよかった

収納の基本で「広く浅く」って知っていますか?

間口は広くて、奥行きは浅い方が取り出しやすく、片付けやすくなります。

すみこ

私は恥ずかしながら、知りませんでした

収納を多めに作ることは意識したので、しまう場所がないという事はありません。

しかし、入れたはいいけど奥の物が取り出しにくい場所があるので、設計時に知っておきたかったです。

ただ、シューズクロークは狭くてもあって良かったです。

お風呂をあと少し狭くしても良かった

お風呂広い

うちのお風呂は1.25坪。少し広めを採用しましたが、なんだか広すぎてもったいない気がしています。

というのも、我が家は子供が10、9、6歳の時マイホームを建てたので、家族みんなでお風呂に入ることはほぼありません。

1.25坪から1坪に変更しても湯舟の大きさは変わらないので、洗い場はもう少し狭くても良かったなと思います。

  • お風呂を1.25坪→1坪に

たかが0.25坪ですが、家を小さくすれば、何十万と安くなりますからね

新築マイホームの後悔ポイント|窓や建具・内装編

マイホームの後悔ポイント

続いて、内装編の後悔ポイントです。

すみこ

書き出してみると、細かい事が出るわ出るわ…

窓が多すぎた

窓多い

マイホームを建てる時、明るい家にしたいと思っていたので、窓をたくさんつけました。

結果、すごく明るい家になったので、陽当たりはとっても満足しています。

しかし、想定外だったのは、窓ばかりで壁が少ない事。

すみこ

絵や飾り棚などをつける場所がない…

窓が大きすぎると、

  • 冷気も入ってきやすくなる
  • 家具を置きにくくなる

といったデメリットもあるので、窓を横長のものにしたり工夫して、もっと壁を作っておけば良かったです。

▼子供部屋でも窓の失敗はすごくよくあるのでぜひ参考にしてください。

▼トイレも窓なしでいいと思います。

WICの扉をロールスクリーンにすればよかった

折れ戸通路狭い

ウォークインクローゼットはホコリ防止のために扉をつけました。

しかしその扉が折れ戸なんですが、開けっ放しにしておくと、通路幅がすごく狭くなります。

ちょっと物を持って通ろうとしたら、今にもぶつかりそうになります。

そもそも開けっ放しにするな!と言われそうですが、ズボラだからこそ扉ではなくロールスクリーンにしておけば良かったなぁ思います。

クロス選びに失敗した

マイホームなんだから、好きなクロスにしようと思ったんですが失敗。

失敗したのは、トイレです。

トイレ柄

柄物を全面にするのは、イマイチ。1面だけにすればよかったです。

クロスのサンプルって小さいので、部屋に貼った時のイメージって沸きにくいですよね?

私のようにセンスに自信のない人は、絶対に自己流は禁物。

すみこ

展示場やカタログなどの好みのものを丸パクリすると安心です。

とはいえ、クロスは後々張り替えする事もできるので、チャレンジしてみるのもアリ。

私も今度はどんな感じにしようかなと楽しみにしています。

濃い色は汚れが目立つ

一条工務店

白色の建具やクロスって、明るくて素敵ですよね?でも汚れが目立ちそうだなと思っていて、我が家は濃い色のキッチンや階段にしたんです。

これ完全に間違いでした!!

すみこ

黒はホコリや手垢など汚れが想像以上に目立ちますー

ブラウンキッチンに合わせて、冷蔵庫はブラウン。キッチン家電は黒。


見た目はカッコイイので満足なんですが、手垢が…

冷蔵庫手垢ベタベタ

濃い色にしちゃった階段もホコリが目立ちます…

階段ホコリ


設備の中でも、お風呂の黒は水アカとの闘いになりますので覚悟の上で契約をしましょう。

掃除が苦手な方、少しでも掃除のしやすい家にしたいと思っている方は、絶対に白の建具や家電をおすすめします。

新築マイホームの後悔ポイント|コンセントや電気・配線編

マイホームの後悔ポイント

続いての後悔ポイントは電気や配管関係。

すみこ

もう少し見た時のイメージを膨らませる必要がありました…

コンセントは目立たない場所にすればよかった

エアコンのコンセントの位置
トイレコンセント後悔

オシャレな家はコンセントが見えない!目立たない!

こんな知識知ってました?

コンセントの数が足りなくならないようにばかり気にして、

  • 目立たない位置にしよう
  • 目立たない色にしよう
  • 見えてもオシャレなものにしよう

こういう考えが全くありませんでした。

すみこ

ちょっとの事で生活感が隠れてオシャレハウスになるなら、ぜひやりたかったなぁ

具体的には、

  • トイレのコンセントや配管は目立たない位置に
  • エアコンのコンセントも目立たない位置に
  • アクセントクロスにはなるべくコンセントをつけないor色も合わせる

とオシャレハウスに近づけるので、ぜひ設計士さんに相談してみてください。

▼コンセントの後悔はすごくよくあるポイントなので、ぜひこちらの記事も参考にどうぞ。

2階廊下のセンサーライトが明るすぎた

廊下センサーライト明るすぎ

廊下にセンサーライトつけたまではいいんですよ。

すみこ

夜中にセンサーライトがピカッ、まぶしすぎました

夜中にトイレに起きたら、その瞬間にバッチリ目が覚めるような明るさです。

ついでに、トイレの電気も明るすぎました。

トイレ明るすぎ

廊下のセンサーライトをオフにして、足元灯をつけることで解決しました。

廊下足元灯

廊下にコンセントをつけておいて良かったです。

階段を人感センサーライトにすればよかった

階段の電気消し忘れ

我が家は、

  • 玄関ホール
  • 洗面所
  • トイレ
  • 2階廊下(失敗したけど)

に人感センサーライトを採用しました。

すごく便利な反面、子供も私も電気を消す習慣が無くなりました。

その結果、家族そろって、階段の電気を消し忘れちゃうので、階段もセンサーライトにすればよかったと後悔してます。

洗面所のダウンライトを温白色にすればよかった

洗面所照明

我が家は好みの問題でダウンライトをほぼほぼ電球色にしちゃったんです。

  • 注文住宅だから、好みの色でいいでしょ!
  • お風呂→脱衣所→洗面所って一直線上にあるから、一緒の色だときれいかな?

といった考えからです。

すると、洗面所で問題が起きました

すみこ

洗面所で化粧する時にまぁ色味がわかりづらい。外で鏡見た時、化粧濃い!って驚いたり…

洗面台本体の方に明るめの電気がついていたので、なんとかなっています。

毎回つけたり消したりするのは面倒なので、はじめから洗面所のダウンライトは温白色にすればよかったです。

洗面台照明

洗面所でメイクをしない方も男性のひげそりなど細かい作業があると思うので、温白色がおすすめです。

トイレの換気扇の位置をもっと手前にすれば良かった

トイレ換気扇後悔

我が家のトイレ、換気扇の掃除がほぼできません。

理由は換気扇がトイレの奥の上の方にあって、手が届かないからです。

もっと手前にしておけば良かった…

トイレの窓の位置をずらせばよかった

家の設計時に、ここに自転車置き場作る事はちゃんと決めていたんです。(変形地なので、出入りの関係上ここにしか作れない。)

それなのに、自転車置き場の外壁に開き窓をつけちゃって、自転車置き場の屋根と窓がぶつかる事になってしまいました。

結局、自転車置き場の地面を深く掘って、高さ調整して解決したんですが、その分、費用も高くなってしまいました。

新築マイホームの後悔ポイント|外構編

マイホームの後悔ポイント

門柱にインターホンをつければよかった

インターホン

当初、ハウスメーカーさんと家の設計をしている時は、変形地なので門柱つける場所ないよね?って話になり、インターホンは家の玄関に付けたんです。

その後、外構屋さんと外構の打ち合わせをしているうちに、門柱をつける方向に話が変わっていき…。

インターホンを玄関にした事はすっかり忘れていて…、門柱にインターホンがありません。

あるのは、表札とポストのみ。

宅急便の配達の方も敷地内をズカズカ入ってきてもらい、玄関まできてからインターホンを押す羽目になっているので、なかなか問題です。

早急に直そうと思っています!!

外構にもう少しこだわれば良かった

外構失敗

我が家はハウスメーカー提携の外構屋さんにお願いしたんです。

すみこ

他の外構屋さんにお願いできるなんて、知らなかったんです…。

近所を歩いていると、おしゃれな外構のお宅がたくさんあって…。

  • もっと安く出来たかもしれない
  • 同じ金額でも、もう少しオシャレにできたかもしれない

相場も分からないまま契約してしまったので、もっと他の外構屋さんの提案を見たり聞いたりすれば良かったと後悔しています。

>>外構屋さんを比較見積する

テレビアンテナの費用を節約すればよかった

新築でテレビを見れるようにするには、

  • テレビアンテナをつけてもらう
  • 光テレビを契約する
  • ケーブルテレビを契約する

といった方法を自分でしないといけないんですね。

我が家は、最初にアンテナを立てたら月々のお金がかからないデザインアンテナを選びました。

ハウスメーカーさんから紹介いただいた業者さんにお願いして、55,000円でした。

すみこ

この金額、実は少し高かったみたいなんです。

インスタブラムでフォロワーさんにいくらくらいだった?って聞いてみたら、みなさんもっと安かったんです。

アンテナ工事も相場が分からないまま契約してしまったので、もっと他のアンテナ業者と見積比較をすれば良かったと後悔しています。

>>アンテナ工事の無料見積をとる

マイホームで後悔ポイントをなくすためにすべきこと

住んでみてからの後悔ポイントを減らすためには、とにかく情報収集が大切です。

また、

  • 設計中、違和感や不安に思った事をそのままにしない
  • 完成宅見学会など実際の家をよく見てみる
  • 図面上で何度も生活してみる(シミュレーション)

のも大切です。

限られた時間の中で効率よく情報収集するためには、カタログを見る事が欠かせません。
自分のいいなぁと感じているハウスメーカーや工務店以外にも、素敵なアイディアがたくさん載っていますからね。

>>たくさんのカタログを見てみる

まとめ|マイホームで後悔ポイントのない家を目指そう

この記事では、我が家の後悔ポイントの実例を紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、後悔のない家づくりをしてくださいね。

\家にいながら、間取りの後悔をなくす/

タウンライフでは、あなたの要望に合わせたオリジナルの間取りプランや見積を無料で作ってもらえます。
家づくりの大人気サイトで、毎月5000人以上の方が利用していますよ。

間取りで後悔する前に、ぜひ色々な間取りや見積を見てみましょう。

ココナラでは、別のプロの一級建築士に細かく間取り診断をしてもらう事ができます。

ココナラで間取り相談をした結果

安い方だと2,000円~

間取りの他、動線や採光やコンセントの位置などもチェックしてもらえます

数千円で間取りの後悔がなくせるのだから、やらなきゃ損!

すみこ

Instagramもやってます♪ぜひ交流しましょう!
フォローお待ちしてまーす(^^)/

>>すみこのインスタグラムはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる