【いきなり住宅展示場へ行くのはNG】デメリットと行く前にやるべきこと

マイホーム手順

マイホームってどんな感じなのかな?ちょっと住宅展示場へ行ってみない?

こう考える人はかなり多いと思います。でも、

ちょっと待って!!!

住宅展示場はお客様に家を買ってもらうために作られた夢の空間。

とっても素敵にできています。しかも相手は住宅営業のプロ。

家に対する予備知識もないまま見に行ったら、「すごーい!素敵!楽しかった!」何の収穫もなく時間の無駄になりかねません。

しかも、

  • 個人情報を書かされ
  • 電話やDM
  • 自宅訪問

など、しつこい営業が来ることもあります。

家づくりで後悔しないためには、

  1. 本当に払っていける予算を確認する
  2. カタログ請求をして、やりたい事をきめる

これが大切!

すみこ

しつこい勧誘もされずに、スムーズに家づくりをスタートさせられるよ!

我が家が使ったカタログ請求サービスはこちら

\ 優良注文住宅会社600社から一括資料請求できる  /

※すべて無料!

目次

住宅展示場での主な流れ

住宅展示場に行ったらどんな事をするのか簡単に説明します。

  1. 入口もしくは総合案内所で、アンケートを記入
  2. 営業さん登場、挨拶
  3. 各部屋を見学・説明
  4. 座って、質問・相談
  5. 後日会う日を決める
すみこ

1社につき、だいたい1時間~2時間かかるよ

最初のアンケートは全部細かく書かなくてもOK。電話してほしくない場合は書かない方が吉。
でも、ウソを書くのはNG!後々本当に建てたい時と思った時に、困ります

いきなり住宅展示場へいくデメリット

住宅展示場は、

  • 目で見て、
  • 触って、
  • 雰囲気も感じ取れる

素敵な空間。

あまりマイホームに興味を持っていない人をも買う気にさせるほどの魅力があります。

しかし、マイホームを買いたい!でもどのハウスメーカーで建てようかな?と迷っている人はいきなり住宅展示場へ行ってはいけません。

主な理由は3つあります。

  • 長時間拘束され、疲れる
  • どこも素敵に見える
  • 実際に建てる家とギャップがある

長時間拘束され疲れる

1つのハウスメーカーにつき、1時間~2時間ほどの時間がかかります

正直に言うと、最初はとっても楽しいです。

「すごーい!キッチンも広いし、畳もおしゃれだなぁ」と感動しっぱなし。

しかし何件も回るのは、疲れます。しんどいです。

特に小さなお子様を連れての見学は、お子様も飽きてきたり、疲れたりでゆっくり見ることはできません。

すみこ

何軒も回っているうちに、どこがどうだったかわからなくなる人多数・・

どこも素敵に見える

営業マンの方は契約してほしいので、どこのハウスメーカーもすごい所をアピールしてきますメリットばかりを。

それは仕方ないです。売りたいんですから・・

多少知識があれば、

  • デメリットはあるのか?
  • こういった事はできるのか?

といった質問ができますが、何も知識のないまま聞いていると、「なるほどなぁ」「へぇ」と納得させられてしまいます。

あの時こう言ってたけど、思ってたのと違う・・

なんて事になりかねません。

実際に建てる家とギャップがある

住宅展示場のモデルルームは、

  • 広い
  • 最新設備を搭載

と、私たちお客様の視覚に訴えてくるんです。

実際に一般の家族が住む家は、30~40坪前後が多いですが、モデルハウスは50坪~60坪なんてものまであります。

モデルハウスを真似しようとしたら億かかる家だってあります。

すみこ

実際に建てる家とのギャップがありすぎ!

いいなと思った設備は全部オプションで、結果予算オーバーで、満足のいく家が建てられなかった・・という事態にならないためにも、「これは標準ですか?」と、どんどん聞きましょう!

実際に建てる家が見てみたい場合は、宿泊体験や完成宅見学会のようなものに参加したほうが、雰囲気がよくわかります。

住宅展示場へ行く前に準備しておくこと4選

住宅展示場へ行ってはいけないのではありません。

行く前に準備をしてから行きましょう。

住宅展示場へ行く前に、やるべき事は以下の4つ!

  1. ライフプラン表を作る
  2. カタログ請求をする
  3. やりたい事をピックアップする
  4. 今の家の不満をピックアップする
  5. いざ、展示場へ
すみこ

この4つをしておくと、効率よく納得できるハウスメーカーを選ぶ事ができるよ

1.ライフプラン表を作る

理想的なマイホームを建てられても、経済的に生活が苦しくなっては本末転倒!

どうしてもマイホームの打ち合わせをしていくと最初より金額が上がる事が多いから、予算をしっかりと頭にいれておくのが必須!!

住宅ローンって30年や35年など長期で借りる人がほとんどですよね。

今は大丈夫でも10年後、20年後は家族構成や生活費が今と全く違うのは当たり前です。

将来的に本当に払っていけるかはライフプラン表を作ってマイホームの予算を決めるのがおすすめ。

すみこ

私は自作のライフプランでは不安だったから、プロに相談してライフプラン表を作ってもらったよ

2.カタログ請求をする

あなたが建てたいエリアを選択して、カタログの一括請求をしてみましょう。

聞いたことがない小さな工務店でも素敵な家を建てられる事もたくさんあります。

カタログには、どんな家が建てられるのか?各社の自慢の性能や間取りなどがたくさん載っています。

すみこ

見ているだけでワクワクしてくるよ

  • この家デザインがとても好み!
  • 高気密・高断熱について詳しく聞いてみようかな?
  • ローコスト住宅をうたっているから、実際いくらくらいで建てられるのか聞いてみたい

こんな感じで自宅にいながらゆっくりと、夢を膨らませていきましょう。

\ 優良注文住宅会社600社から一括資料請求できる  /

※すべて無料!

3.やりたい事をピックアップする

カタログや雑誌、インスタグラムなどを見ながらマイホームでやってみたい事をピックアップしていきましょう。

例えば、

  • リビング階段にしたい
  • 洗面所と脱衣所は別にしたい
  • リビングに収納がほしい
  • 小上がり和室がほしい
  • キッチンとダイニングは横並びがいい

などいいなと思う部分をピックアップしていきましょう。

すみこ

カタログや雑誌に付箋をつけたり、切り抜いたりしておくと今後打ち合わせの時にイメージを伝えるのにすごく便利だよ

4.今の家の不満をピックアップする

次は、今住んでいる家の不満点を書き出しましょう。もちろん、実家の不満点でもOK。

この不満を解消していけば、必然的に満足のいくマイホームになっていきます。

例えば、こんな感じ。

  • 玄関が狭くて、荷物を置いたら人が通れない→玄関を広くしたい
  • 冬、窓が結露するのがイヤ→ハウスメーカーに相談してみよう
  • 洗濯、干す、片付けるがバラバラ大変→洗濯導線の良い家がいい
  • リビングに物が散乱しているのがイヤ→収納場所をしっかり確保

解決策はハウスメーカーさんと相談すればいいから、不満点だけ書き出すのでもOK

まとめ|準備をしてから住宅展示場へ行こう

この記事では家を建てたいと思ったら、まずやるべきことを紹介しました。

  1. ライフプラン表を作る
  2. カタログ請求をする
  3. やりたい事をピックアップする
  4. 今の家の不満をピックアップする

から住宅展示場へ行ってみましょう。

ちょっとの準備をしておくだけで、住宅展示場では具体的な話ができて、スムーズに家づくりが始められます。

すみこ

さぁ、まずはライフプラン表を作って予算の設定をしてみよう

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる