タマホーム「大安心の家」の標準仕様・標準装備を詳しく紹介!2023年最新版

タマホームの標準仕様
  • タマホームの標準仕様・標準装備って何?
  • タマホームって何がすごいの?

この記事では、主にタマホームの主力商品「大安心の家」の標準仕様・標準装備について解説します。

すみこ

タマホームで実際に注文住宅を建てた方にインタビューをさせていただきました!

タマホームはローコスト住宅でありながら、耐震等級3、樹脂サッシ、第1種換気システムなどが標準仕様で長く快適に暮らすことができるハウスメーカーです。

標準仕様が自分の希望に合うハウスメーカーを選ぶことで、オプションでの予算オーバーを防ぐと同時に、施工ミスを極力減らすことも可能になってきますので、ぜひこの記事で確認してくださいね。

タマホームのカタログ請求

タマホームのカタログは、標準仕様がわかるだけでなく、間取りプランも多く載っています。

間取り作成時にとても参考になりますので、ぜひカタログ請求をしてみてください。

目次

タマホームの標準仕様・標準装備を一覧で紹介

タマホームの「大安心の家」の標準仕様・標準装備を一覧表でまとめました。

構造・工法木造軸組在来工法
70%以上国産材を使用
長期優良住宅認定基準に標準対応
基礎ベタ基礎
耐震等級全棟耐震等級3
断熱 外壁:グラスウール14K(105mm)
屋根:グラスウール14K(155mm)
床下:ポリスチレンフォーム(65mm)
Low-Eペアガラス
樹脂サッシ
換気システム第1種換気システム
パナソニック「エアテクト熱交換気システム」
外壁 窯業系サイディング
ニチハ「フュージェ」
ケイニュー「光セラ」
旭トステム「15Pシリーズ」
天井高2500㎜
屋根 陶器瓦・・・新東「セラムFシリーズ」、鶴弥「スーパートライ110」、栄四郎瓦
コロニアル瓦・・・ケイミュー「コロニアルクァッド」
ガルバリウム鋼鈑・・・元旦ビューティー工業 「ラジアールルーフ」
トイレトイレ 2箇所(LIXIL、TOTO)
TOTO「ZJ2」「NJ2」
LIXIL「ベーシア(フチレス)」「ハーモJ」
パナソニック「タマホームオリジナルアラウーノ」
キッチン永大産業「ラポッテ」
タカラスタンダード「グランディア」
LIXIL「AS」
クリナップ「ステディア」
お風呂LIXIL「アライズ」
TOTO「サザナTタイプ」
Panasonic「FZ」
浴室暖房乾燥機
洗面化粧台LIXIL[MV」
TOTO「Vシリーズ」
Panasonic「C Line」
床材・建具 永大産業「アトムフィットGM」
大建「ハピアフロア」
玄関YKKap「ヴェナートD30」
LIXIL「GIESTA2」 

タマホームの主力商品である大安心の家は、ラインナップの中でも中ランクの性能で標準仕様の種類が豊富です。

以下で一つ一つ詳しく紹介していきます。

キッチンの標準仕様

タマホームのキッチンの標準仕様

タマホームのキッチンの標準仕様は以下から選べます。

  • 永大「ラポッテ」
  • タカラスタンダード「グランディア」
  • リクシル「AS」
  • クリナップ「ステディア」
永大
「ラポッテ」
タカラスタンダード
「グランディア」
リクシル
「AS」
クリナップ
「ステディア」
ワークトップ人造大理石人造大理石人造大理石人造大理石
シンクステンレスステンレス
ポリエステル系人造大理石
人造大理石人造大理石
水栓 ハンドシャワー水栓 水ほうき水栓ハンドシャワー水栓 ハンドシャワー水栓
食洗器浅型リンナイ
フロントオープン型
浅型浅型

永大産業を選べば、床材もあるので、トータルコーディネートが可能。

タカラスタンダードはホーローのキッチンパネルを採用しているので頑固な油汚れもサッとふき取ることができます。

LIXILはシンクの継ぎ目のないシームレス可能なので、溝が汚れにくいです。

クリナップはステンレスが無機質で美しく、使い勝手もよいので最近人気です。

タマホームはアイランドキッチンやペニンシュラキッチンも標準仕様で採用可能ですよ。

トイレの標準仕様

トイレはLIXILとTOTOから選べる標準仕様です。

1か所が標準仕様。

2か所目のトイレは、カップボード、キッチン収納、2か所目トイレ(タンク有)のどれか1つを標準仕様で選ぶことができます。

  • LIXIL「ベーシア(フチレス)」「ハーモJ」
  • TOTO「ZJ2」「NJ2」
LIXILTOTO
タンク有り 「ベーシア」
タンクレス「ハーモJ」
タンク有り 「ZJ2」
タンクレス「NJ2」
フチの有無フチなしフチなし
節水性大5L、小3.8L大4.8L、小3.6L
汚れにくさアクアセラミックセフィオンテクト

ほかにも、以下の設備がついてきます。

  • フタの自動開閉機能
  • 手すり
  • タンクレストイレには手洗い
  • 埋込収納棚
  • ペーパーホルダー

タンクレストイレや手洗い器まで標準仕様なのは、すごいですね。

洗面台の標準仕様

タマホームの洗面所の標準仕様

タマホームの洗面台の標準仕様はLIXIL、TOTO、パナソニックの3社から選べる仕様です。

タマホームの洗面台の標準仕様
  • LIXIL[MV」
  • TOTO「Vシリーズ」
  • Panasonic「C Line」
LIXIL
「MV」
TOTO
「Vシリーズ」
Panasonic
[C Line」
水栓の付き方上から
三面鏡三面鏡三面鏡
自動水栓不可オプションで可オプションで可

LIXILは水栓が上から出ているので、 水栓の根本に水がたまらずきれいに保てるのが魅力的です。

TOTOは洗面台下の配管が奥にあるので、収納スペースが広いです。

パナソニックはLED照明なので、ウエットエリアがあるので掃除がしやすいです。

お風呂の標準仕様

タマホームのお風呂の標準仕様

タマホームのお風呂、システムバスの標準仕様はLIXIL、TOTOから選べる仕様です。

タマホームのお風呂の標準仕様
  • LIXIL「アライズ」
  • TOTO「サザナTタイプ」
LIXIL
「アライズ」
TOTO
「サザナ」
浴槽の素材FRP製FRP製
キレイサーモフロアほっカラリ床
断熱浴槽のみ浴槽+床
シャワーフルフォールシャワーコンフォートシャワー
手すり兼用
カウンターの取り外し可能不可
エプロンの取り外し可能不可
有り有り
浴室暖房乾燥機有り有り

タマホームのお風呂の標準仕様は、浴室暖房乾燥機や手すりがついてきます。

ドアは折れ戸が標準仕様で、1616、1818、1620の3つの浴室サイズから選ぶことができます。

床材の標準仕様

タマホームの床材の標準仕様

タマホームの床材の標準仕様は、化粧シートを貼った「合板フローリング」で以下の2つから選択できます。

  • 永大産業「アトムフィットGM」
  • 大建「ハピアフロア」

床材と建具は同じメーカーになるので、ドアや取っ手のデザインも確認して決めていきましょう。

玄関の標準仕様

タマホームの玄関ドアの標準仕様

タマホームの玄関ドアの標準仕様は、以下の2つから選べます。

  • YKKap「ヴェナートD30」
  • LIXIL「GIESTA2」

どちらもデザインとカラーは豊富にありますので、好みのものを選びましょう。

タマホームでは、親子ドアも標準仕様です。

スマートキーはオプションですが、両手がふさがっているときや、鍵を探す手間が省けてとても便利ですので、多くの方が採用しています。

外壁の標準仕様

タマホームの外壁の標準仕様

タマホームの外壁の標準仕様は「窯業系サイディング」で以下の3社の商品から選べます。

  • ニチハ「フュージェ」
  • ケイニュー「光セラ」
  • 旭トステム
ニチハ
「 Fu-ge」
KMEW
「光セラ」
  • 目地のシーリングが無いため打ち換え不要
  • 継ぎ目がなく美しい
  • 光触媒が外壁の汚れをセルフクリーニング

ニチハは目地シーリングがないのでメンテナンス費用が不要、ケミューは外壁が汚れにくいのが強みです。

どちらもどれも16㎜厚で、性能には大差がないので、お好みのデザインやメンテナンス性で選びましょう。

天井高の標準仕様

タマホームの天井高の標準仕様

タマホームの天井の高さは2500mmが標準仕様となっています。

2400㎜が標準仕様のハウスメーカーが多い中で、少しでも高いことは、天井にゆとりがあるので開放感のある空間を作ることができます。

構造によっては2500mmの天井高を確保できない可能性があるので建築士と入念な打ち合わせをして納得のいく空間を作ってください。

屋根の標準仕様

タマホームの屋根の標準仕様

タマホームの屋根は新東、鶴弥、栄四郎瓦の3社の陶器瓦、ケイミューのコロニアル瓦、元旦ビューティー工業のガルバリウム鋼鈑から選べる標準仕様です。

  • 陶器瓦・・・新東、鶴弥、栄四郎
  • コロニアル瓦・・・ケイミュー
  • ガルバリウム鋼鈑・・・元旦ビューティー工業
陶器瓦
SGL鋼板
  • 50年以上で半永久的
  • 再塗装が不要
  • 破損時に1枚単位での交換が可能
  • 断熱性、遮音性に優れている
  • デザイン性に優れている
  • ガルバリウムの3倍の耐久性
  • カラーが豊富
  • 軽量なため耐震性が高い
  • ソーラーパネルを設置しやすい

新東のセラムF FLATシリーズの陶器瓦を例に挙げると日本製の建物に欠かせないシンプルモダンなデザインになっています。

GOOD DESIGN賞を受賞している人気製品です。

構造・工法の標準仕様

タマホームの構造の標準仕様

タマホームの大安心の家の構造・工法の標準仕様は「木造軸組在来工法」です。

柱と梁で構築しているので、自由に間取りを設計しやすいのが特徴です。

さらに壁に構造用の耐力面材を使用しているので強い外力が生じても負担を分散することができ、高い耐震性を確保しています。

  • 1棟あたり70%以上の良質な国産材を構造躯体に採用
  • シロアリを寄せ付けにくいヒノキの土台を採用
  • 柱や梁、筋交いの接合部分に耐食塗装された金物を使い、強度を向上
  • 外壁と構造躯体の間に外気が流れる通気層を作り、構造体や断熱材を腐食やカビから守る

長く安心して暮らし続けるため耐震性・耐久性にこだわっています。

基礎の標準仕様

タマホームの基礎の標準仕様

基礎の標準仕様は「ベタ基礎」です。

一般的に使用されている布基礎より耐震性が高いベタ基礎で、激しい縦揺れ・横揺れの地震にも負けません。

さらに、

  • 着工前に地盤調査を実施
  • 床下に基礎パッキンを挟み、風通しを良くすることでシロアリの発生を防ぎ、耐久性を向上

地盤の強度が不足していた場合には基礎補強工事や有料の地盤改良工事を行います。

耐震等級の標準仕様

タマホームは標準仕様で最高ランクの耐震等級3を取得できます。

さらに、タマホームの大安心の家は標準仕様で長期優良住宅の基準を満たしていますので、税制の優遇も受けることが可能です。

ただし、耐震性を担保するかわりに、タマホームには「タマルール」と呼ばれる制約があります。

  • 4マスルール(4マスごとに柱や壁が必要)
  • インナーバルコニーの下には支える柱が必要
  • 直線の階段でも四マス必要

など。

間取りの自由度はあまり高くないことを覚えておきましょう。

断熱材の標準仕様

タマホームの断熱材の標準仕様

大安心の家は断熱等性能基準の最高等級5を取得しています。

  • 外壁:グラスウール14K(105mm)
  • 屋根:グラスウール14K(155mm)
  • 床下:ポリスチレンフォーム(65mm)

壁や天井に採用されているグラスウールは経年劣化の少ない素材なので、長い間住んでいても断熱性が落ちる心配が少ないです。

床に使用しているポリスチレンフォームは水や湿気に強いので地面からの湿気を遮ることができます。夏は外からの熱を遮断し、冬は室内の熱を逃さない高い気密性が強みです。

また、壁や天井の下地は石膏ボードを採用しています。耐火性に長けており、火が広がるスピードを遅くすることができます。延焼防止効果も高いです。

タマホームの断熱性は年々向上してきています。

断熱性が低いと、暑くて寒いだけでなく光熱費がかかったり、家が結露したりと様々なところに影響を及ぼしますので、気になる方はオプションで「吹き付け断熱」を検討してみてもいいですね。

窓の標準仕様

タマホームの窓の標準仕様

タマホームの窓の標準仕様は、以下の通りです。

  • 樹脂サッシ
  • Low-Eペアガラス(アルゴンガス入り)

タマホームは2022年から、多くのハウスメーカーで標準とされている「アルミ樹脂複合サッシ」より断熱性の高い「樹脂サッシ」が標準仕様になりました。

樹脂サッシ
アルミ樹脂複合サッシ
  • 断熱性が高い
  • 防音性が高い
  • フレームが太い・重い
  • 断熱性はまぁまぁ
  • フレームがスリム
  • 安価

断熱性が高いことで、夏は涼しく、冬は暖かい室温を維持できますし、結露を防止します。

サッシのカラーは室内のイメージに合わせて変更が可能ですよ。

換気システムの標準仕様

タマホームの換気システムの標準仕様

タマホームの大安心の家は、「第一種換気システム」の全熱交換型全館セントラル24時間換気システムを標準仕様としています。

  • Panasonicの熱交換型24時間セントラル換気システム
  • 熱交換率75%
  • 換気システムによって家の中と外の気温の差を少なくして空気を換気できる

熱交換型換気システムは、排気の際に汚れた空気と一緒に捨てていた熱を給気時に回収して室内に戻し、熱回収により空調負荷を軽減し効率的に24時間室内の空気をきれいに保つことができます。

ただし、熱交換率は数値が高いほど熱の損失が少なくなりますが、タマホームの換気システムの熱交換率75%なので、まぁまぁ省エネといったところでしょう。

まとめ

この記事では、タマホームの主力商品である大安心の家の標準仕様・標準装備について解説しました。

タマホームは20代から家を建てられるをコンセプトとしており、価格が魅力的です。

中でも耐震性や構造の標準仕様が充実しているので、長く安心して住むことができますよ。

ただし、タマホームは標準仕様外の商品を選ぶと高くなりますので、ぜひ色々な工務店やハウスメーカーと比較して、ハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

ハウスメーカー選びで後悔しないためには?

ハウスメーカーにはそれぞれ特徴があり、出来ること出来ない事・得意不得意があります。

  • 開放感のある間取りにしたかったのに、間取りの制約が多いハウスメーカーにしてしまった…
  • オプション費用が高額で、予定より予算オーバーで色々諦めるしかない…

このようにハウスメーカー選びで後悔しないためには、以下の手順で進めていきましょう。

  1. 実現したい暮らしをイメージする
  2. 複数社でプランを比較する
  3. 気になるハウスメーカーを絞り、実物を見る

①実現したい暮らしをイメージする

  • 家事動線の家がいい
  • リビングに庭が見える大きな窓が欲しい
  • 耐震などは絶対安心できる家がいい

建てた家でこれからどんな暮らしをしたいのかを家族で話合ってみましょう。

そこで役立つのが、ハウスメーカーのカタログです。

カタログ請求

ハウスメーカーのカタログは、自分達の得意とする工法、デザインや間取りを多く載せているので、どんな暮らしをしたいかをイメージできると同時に好みの住宅会社を見つけることもできます

「こんな家いいな」「このキッチン素敵だな」「このリビングの雰囲気好きだな」あなたがいいと感じた部分に付箋を貼ったり、切り抜いてまとめておくと、家族や設計士さんにイメージを伝える時にもとても役立ちますよ。

ハウスメーカーの一括資料請求サービスは、「ライフルホームズ」が使い勝手が良くておすすめです。

ローコスト住宅・自然素材の家・平屋などテーマに合わせた住宅カタログを探すことができますよ♪

②複数社でプランを比較する

家づくりの要望が決まったら、 必ず複数社にプランを出してもらい比較して決めましょう。

ハウスメーカーにもそれぞれ特徴があり、 出来ること出来ない事・得意不得意があります。

同じ要望を伝えても、出てくるプランは全く違います。

  • 出来る・できない
  • 価格
  • 間取りや提案力
  • 保証内容

比較して、あなたの希望に一番合うハウスメーカーを決めていきましょう。

HOME4U家づくのとびら プラン作成依頼サービスを使うと、あなたの要望に合うハウスメーカーから間取りプランを最大5社まで一括依頼が可能。

一条工務店の間取り

住宅展示場へ行かなくても、家にいながらハウスメーカーやプランの比較・検討ができますのでぜひ利用してみてくださいね♪

最大5社にプラン作成を一括依頼

※今だけ!契約になった際、Amazonギフト券5万円分贈呈中!

③気になるハウスメーカーを絞り、実物を見る

ハウスメーカーカタログやプランを見ながら、気になるハウスメーカーが数社に絞れたら、実際に完成宅見学会や住宅展示場で実物を見てみましょう。

自分の希望と同じくらいの大きさの家を実際に見ることで、イメージと本当に合っているか確認できます。

  • 広さや雰囲気
  • 音やニオイの伝わり方
  • 暑さ・寒さ

カタログや資料ではわからない部分もあるので、実際に体感して、納得してからハウスメーカーを決めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる