ヨギボーマックスの使い心地は?1年以上使った正直な感想を口コミレビュー

我が家は2020年にマイホームを建てました。

新居のリビングは8畳とあまり広くないため、少しでも広く見えるように、

  • 低めのソファ
  • 床の掃除がしやすいもの
  • ゆったりとくつろげる
  • インテリアに合う

こんな条件でソファ探しをしていた所、見つけたのがビーズソファのYogibo(ヨギボー)マックスでした!

はじめてのビーズソファで使い心地が分からなかったため不安でしたが、ヨギボーマックスはゴロゴロするには本当にラクでいつも家族の誰かが寝っ転がっている状態です。

ただ1年以上使っている間に、欠点もわかってきたのが正直な所。

すみこ

合わない人もいると思うから、後悔しないように注意してね

今回はそんなヨギボーマックスの口コミや実際に使っている様子、また1年以上使って感じたメリットデメリットなどを、詳しくご紹介します。

まさに今ヨギボーマックスってどうなの?と調べている人は、ぜひ参考にしてくださいね^^

>>ヨギボー公式サイトを見てみる
目次

ヨギボーマックスの大きさ・サイズ感!8畳の部屋に置くとこんな感じ

ヨギボーマックスは店頭で購入することもできますが、近くに店舗がなかったため我が家は公式サイトから購入しました。

新居に引越す前のアパートへ届けてもらったので、届いた時の第一印象は、

ヨギボー届いた

デカ!!

すみこ

90cm幅の廊下いっぱいになるほどの大きさでビックリ

ヨギボーマックスの大きさは、こんな感じ。

長さ約170cm
約65cm
重さ約8.5kg
体積約415L
ヨギボーはソファと同じくらいの大きさ
すみこ

3人かけのソファと同じくらいの大きさだよ

ただ引越して、新居の8畳のリビングに置いてみるとこんな感じでした。

ヨギボーで子供がごろーん

全く圧迫感もなく、8畳のリビングに丁度いい大きさ

その後、テーブルを大きいものにし、別にソファを置いたけど、特に窮屈ではありません。

8畳のリビングにヨギボーを置いている

ただ一人暮らしやアパートなどで、リビングに本棚やPCデスクなど色々な家具を置いている場合は少し狭く感じるかもしれないので、新聞紙や段ボールを170㎝×65㎝に切って部屋に置くなどサイズの確認をしてみると後悔しないと思います。

4.5畳の部屋でも使える

4.5畳の部屋にヨギボーを置くと、大きすぎるのか?というと、意外と問題ありません。

和室にヨギボー

我が家は和室が4.5畳。棚が一つ置いてあるだけで、基本はゴロゴロできるスペースとして使っている和室にヨギボーマックスを置いても、全く圧迫感はなく、今では4.5畳の和室がヨギボーマックスの定位置になっています。

すみこ

ゴロゴロしやすい和室にヨギボーって相性抜群だよ

もし、この写真を見て、ちょっとヨギボーマックスでは大きすぎるかもしれないと感じた方は、ヨギボーにはミディなど少し小さめもあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

ヨギボーサイズ比較

ヨギボーマックスの使い方を紹介|ソファ代わりにすることも可能?

ヨギボーマックスの公式サイトで紹介されている使い方は主に3つ。

  • 立てて椅子として座る
  • リクライナーとして使う
  • ベッドとして使う

この動画がすごく分かりやすいです。

ただ、実際には立てて椅子のように座っていても、同じ姿勢をキープするのは難しく倒れてきてしまいます。

ヨギボー立てて座ると崩れる

1人で使う場合は、ベッドのようにゴロンと横になるのが一番気持ちいいですね。

ヨギボーに寝っ転がるのが一番の使い心地がいい

ソファ代わりに考えている場合は、壁があると使いやすい

というわけで、ヨギボーマックスをソファ替わりに椅子のように長時間使おうと考えている場合は、壁に引っ付けて使うのがおすすめです。

すると、後ろへ倒れていきませんからね。

ヨギボーは壁にもたれかかる

また、2~3人でソファ替わりに使う場合は、

ヨギボー3人で使う

ヨギボーには、背もたれやひじ置きがないので、ちょっと姿勢が悪くなります。

なので、2~3人で使う時も同様に壁に寄りかかりながら、ロールマックスも併用するのがおすすめ!

ヨギボーロールマックスは首を置ける

頭を置けるだけで、ずいぶんと楽になりますよ。

>>ヨギボー公式サイトを見てみる

ヨギボーマックスの使い心地は?1年以上使った感想・口コミ

実際にヨギボーマックスを使い始めて1年ほど経ちました!

使い心地を一言で言うと、ゴロゴロするのに最高ーーー!!

ビーズが身体にフィットして、もう動きたくなくなるほど気持ちがいいです。

  • 朝起きたらヨギボーへごろん
  • ちょっとスマホやyoutub見る時はごろん
すみこ

家族みんな、取り合いになるほどヨギボーが大好きですよ。

家族全員では使いづらく、ソファも購入することに

しかし気持ちいいし、快適なヨギボーマックスですが、先ほどのリビング写真にもある通り、ソファ代わりにしようとしたヨギボーでしたが、我が家では少し物足りず結局、ソファも購入しました。

理由は単純で、ヨギボーマックスは一人で使うのが一番快適だから。

ヨギボーに寝っ転がるのが一番の使い心地がいい
すみこ

結局この体制が一番ラクなんですよね

1人暮らしの方や家族が少ない方は、ヨギボーマックス1つあれば十分ですが、我が家のように家族が多い方は、何個かヨギボーマックスを購入するかソファもあった方が使い勝手がいいと思います。

洗濯しても色落ちは気にならない

和室にヨギボー

ヨギボーロールマックスはヨギボーマックスを購入してから約1年後に買いました。

ヨギボーマックスのカバーは今までに5回以上洗濯をしていますが、比べる限り全く色落ちは気になりません。

思った以上に早くヘタる

口コミを見ていて気になってはいたのですが、想像以上に早くヘタリました。

我が家の場合は、半年ほどでヘタリが気になりはじめ、8か月くらいたつとこの通り、カバーがだらーり。

ヨギボーはすぐヘタる

しかしカバーを洗えばカバーが縮むので、復活します。

ヨギボー洗濯したらヘタリは治る
  • 何人かで一緒に座る
  • ダイブして遊ぶ

といった使い方をしていると、どうしてもヘタリが早くなるようですので、注意が必要ですね。

すみこ

我が家は子供達がいつもダイブして遊んでいたわ

ビーズの補充は意外と簡単。家でもできる

約1年経って、カバーを洗濯しても、すぐにヘタって来てしまうように感じたので、ビーズの補充を行いました。

ヨギボーマックスに補充するビーズの量は通常であれば、1袋半~2袋程度。

すみこ

我が家の場合は、2袋全部入りました

ビーズ補充
すみこ

小学生の子供と2人で家で簡単に出来ましたよ!

こちらの動画が分かりやすかったです。

ただ、ビーズが静電気で袋にびっしりと付いてしまって、取れずにもったいない感じがしましたね。

ヨギボーはビーズの詰め替えができる

後日、公式サイトへ問い合わせしたところ、
このビーズの静電気は、スプレーボトル(霧吹き)に水と髪を洗う時のコンディショナー(1プッシュくらいのごく少量)を混ぜていれ、軽く噴きかけると静電気が落ち着くそうです。

ヨギボーマックスのメリット・デメリット

実際にヨギボーマックスを購入してみて、感じたメリットデリットをまとめてみますね。

すみこ

実際に座って体験してからの購入ではなかったので不安な部分も多かったのですが、実際にその辺りはどうなのかをお伝えします

ヨギボーマックスのメリット

  • ゴロゴロするには最適
  • 動かしやすいから、掃除がラク
  • カラーバリエーションが豊富で、どんなインテリアにも合いやすい
  • カバーを洗濯できるから、小さい子供がいても安心
  • ヘタってきたら、ビーズの補充ができるから長く使える

まずはメリット。

一番のメリットは、やっぱり動かせるから色々な場所で使える事ですね。

  • リビングで使ったり
  • 和室で使ったり
  • ベッドの上に置いて、背もたれとして使ったり

と使いたい場所に動かして使う事が出来ます。この点がソファとの最大の違いで最高のメリットかなと思います。

すみこ

ヨギボーマックスは大きいですが、女性一人でも簡単に持ち上げる事ができます

ヨギボー立てたら時の大きさ

立てておけば、場所もそんなに取らないので、掃除するときや部屋を広く使いたい時も便利ですね。

また、カラーバリエーションが豊富なので、どんなインテリアにも合うのもうれしい所。

さらに最近では、パステルカラーが登場して大人気になっていますよ。

カッコイイ男前なインテリアからフェミニンな雰囲気のお部屋、明るい雰囲気まで色々合わせる事ができると思います。

結構頻繁にカバーを洗濯しても、色落ちしなかったので、安心ですね。

ヨギボーマックスのデメリット

では続いて、デメリット。

  • 立ち上がるのが大変
  • 意外と早くヘタる
  • 大人数で使うより一人で使う方が快適
  • ラッピングはしてくれない

一番の欠点は、使っていくうちにヘタってしまう事でしょうか。

これはヨギボーに限らず、どのビーズクッションでも言える事なのですが、使っているうちにヘタってしまいます。

ただ、ヨギボーのヘタリは、

  • カバーの洗濯
  • カバーの交換
  • ビーズの補充

といった方法で自力でおおむね解決できるのでメリットでもありますね。

すみこ

ビーズを補充すればパンパンに戻るけど、容量は増えるのでどうしても重くなります。

ずっとビーズを足し続けるわけにはいかないので、どこかのタイミングで、ビーズの総入れ替えをしなければなりません。

その場合は、リペアサービスを使うと、新品同様になりますよ。

また、ヨギボーは座ると立ち上がるのが大変になってしまいます。

この動きたくなくなるほど、フィットして気持ちいいというのが売りのヨギボーなのでこちらもメリットではあるのですが、ついつい寝転がってだらけてしまいますので、私のようなゴロゴロ大好きの方は要注意です。

注意したいのが、腰痛持ちの方。柔らかビーズクッションなので、腰が沈んでしまい立ち上がる時、とても苦労します。

あとは大きさにだけ注意しておけば大丈夫だと思うので、多少デメリットはあるものの使い心地はすごくいいので、私は買って大満足の商品でした。

>>ヨギボー公式サイトを見てみる

ヨギボーマックスを買うなら店舗?通販?

ヨギボーは店舗の他、公式サイト、楽天、Amazon、ヤフーショッピングなどでも購入できます。

店舗で買えば送料がかからないので、少し安く買えますが、公式サイトで買うのがおすすめ。

理由は店舗での購入は、

  • カラーの欠品が多い
  • マックスは大きいので、車につめない場合もある
  • 購入してから、ビーズを詰めるので、待ち時間が長い
すみこ

我が家はヨギボーロールマックスだけ店舗で買ったのですが、他のお客さんの対応もしながら、準備するみたいで1時間以上待たされました

ヨギボーは長く使っていくと、どうしてもビーズの補充やリペアなどメンテナンスの必要な場面が出てくると思うので、公式サイトでの購入が一番安心かな?と思います。

>>ヨギボー公式サイトを見てみる

またヨギボーの公式HP以外にも、楽天やAmazonでヨギボーマックスは購入することができます。

お値段も送料も同じなので、普段から楽天ユーザーの人や、楽天ポイントで購入したい!などという人は、好きな店舗でも購入すればいいと思います。

すみこ

楽天でもAmazonでも、必ずヨギボー公式ストアで買おうね

まとめ|ヨギボーの使い心地は最高!買って良かった

この記事では、ヨギボーマックスの使い心地について実際に1年以上使った感想を書きました。

多少ヘタるといったデメリットもありますが、ゴロンとした時の快適さは極楽です。

この感覚を一度味わってしまったら、メンテナンスしながらでもずっと使い続けたいなと思える商品です。

ぜひ、あなたもヨギボーマックスの快感を体験してみてください。

>>ヨギボー公式サイトを見てみる

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる