アイフルホームの標準仕様・標準装備を詳しく紹介!2024年最新版

  • アイフルホームの標準仕様・標準装備ってどんなもの?
  • アイフルホームって何がすごいの?

この記事では、アイフルホームの主力商品「FAVO(フェイボ)」の標準仕様・標準装備について解説します。

すみこ

アイフルホームで実際に注文住宅を建てた方にインタビューをさせていただきました!

アイフルホームは、LIXIL住宅研究所が運営しているハウスメーカーです。

2023年のオリコン顧客満足度®調査で「ハウスメーカー注文住宅 価格帯別2000万円未満」の部門で 1位に選ばれているローコスト住宅の中でもとても人気のハウスメーカーです。

さらにアイフルホームのメイン商品の「FAVO(ふぇいぼ)」は、2021年のハウスオブザイヤー優秀賞も受賞していますよ。

標準仕様を知っておくことで、オプション費用による予算オーバーを防いだり、施工ミスを減らせることができるので、満足度の高い家づくりができます。

ぜひハウスメーカー選びの参考にしてくださいね。

アイフルホームは、フランチャイズシステムを導入しています。

品質にばらつきが生じないよう共通の200項目以上の検査項目によるチェックがありますが、地域によって標準仕様が異なる場合がありますので、詳しくはカタログをご覧ください。

カタログは住宅展示場へ行ってもらうことも可能ですが、一括資料請求サービスを使うのがおすすめ。

すみこ

家にいながら、他社とじっくり比較できますよ。

ライフルホームズ」は、予算やテーマに合わせた住宅カタログを一括請求できます。

目次

アイフルホームの標準仕様・標準装備を一覧で紹介(2024年最新)

アイフルホームの主力商品「FAVO(フェイボ)」の標準仕様・標準装備を一覧表でまとめました。

いずれも2024年1月時点で最新のものです。

構造・工法グランドスクラム構法
基礎ベタ基礎
耐震等級耐震等級3相当
断熱材吹付断熱「フォームライトSL」
アルミ樹脂複合サッシ
Low-Eペアガラス(アルゴンガス入り)
換気システム第一種換気システム
外壁窯業系サイディング
ケイミュー「光セラ18」
天井高2,400mm
床材化粧シート
「清潔すこやかフロア」
ドアLIXIL「ラシッサS」
屋根スレート屋根
ケイミュー「コロニアルグラッサ」
トイレLIXIL「ベイシア(タンク付)」
キッチンLIXIL「ES」
お風呂LIXIL「リデア」
洗面台LIXIL「ピアラ」「MV」
玄関LIXIL「エルムーブ」「ジエスタ2」
電子キー「カザスプラス」

アイフルホームは、LIXIL住宅研究所が運営しているため、標準仕様の設備の多くをLIXIL製で揃えているのが特徴です。

LIXILといえば、住宅設備機器業界最大手の企業で使い勝手やデザイン面でもとても人気があります。

一つのメーカーに統一されていることで、統一感のある家になりますし、あちこちのショールームに足を運ばなくてもいいので選択しやすいのもメリットの一つ。

以下で一つ一つ詳しく紹介していきます。

キッチンの標準仕様

アイフルホームのキッチンの標準仕様

アイフルホームのキッチンの標準仕様はLIXIL製の「ES」です。

ESはLIXILのキッチンのグレードの中では、あまり高いものではありませんが、とても人気のある商品です。

(LIXILのキッチンは、グレードが高い順に「リシェル>AS=アレスタ、ノクト>ES=シエラ」となります。)

  • よごれんフード
  • シンクはナイアガラフロー方式
  • シンク内に2段の水切り・マルチプレートあり
  • 食洗器浅型付き
  • 人造大理石

レンジフードは、ファンや内部に油汚れがほとんど入らない「よごれんフード」という構造になっているので、お手入れが楽ですし、カバーの取り外しも女性一人で問題なく行えます。

また、標準で3口コンロついています。

シンクは、ナイアガラフロー方式のため、水が排水口に向かいやすく、汚れも広がりにくいです。

収納棚とキッチンの配置については、対面、オープン、壁付け、L字型など、8プランの型があり、自由度も高いです。

トイレの標準仕様

アイフルホームのトイレの標準仕様

アイフルホームのトイレの標準仕様は、LIXIL製の「ベイシア」です。

ベイシアの主な特徴は、

・フチなし
・節水機能(大…5L、小…3.8L)
・フルオート便器洗浄
・暖房便座
・アクアセラミック
・お掃除リフトアップ
・ノズル掃除
・壁付収納棚
・タオルリング
・手すり

便器内がアクアセラミック、かつ、フチレスの形状なので、掃除はとてもしやすいが特徴です。

また、便器とふたの間の隙間は本来、掃除できないのですが、「お掃除リフトアップ」がついているので、ふたの部分を上に持ち上げて隙間を広げて掃除ができます。

便器自体のカラーバリエーションは「ピュアホワイト」「オフホワイト」「ピンク」「ブルーグレー」の4つから選べますよ。

アイフルホームのトイレの収納の標準仕様

また、壁付け収納棚はオプション料金で大きなサイズにもできますが、標準仕様の大きさでトイレットペーパー最大12個入る大きさで、特に問題ないと感じます。

洗面台の標準仕様

アイフルホームの洗面台の標準仕様は、LIXIL製の「ピアラ」または「MV」です。

ピアラ

アイフルホームの洗面台の標準仕様

ピアラの主な特徴は、

  • 水栓180度可動
  • 3面鏡(内部は収納仕切りのアレンジ可能)
  • 3面鏡下にスマートポケット付き
  • トールキャビネット付き
  • 自動洗浄はオプション
  • ステップスライド選択可能
  • 新てまなし排水口

ステップスライドは正面の引き出しの一番下の部分をステップ台として引き出すことができる機能です。

洗面所は子供用の台などを置くと狭くなりがちなので、子育て世代に嬉しいポイントですね。

ステップスライドの場合は、3歳のこどもでも自分で簡単に引き出せます。

サイドのトールキャビネットや、3面鏡下のスマートポケットなど、全体的に収納力の高い洗面台です。

キャビネットカラーは、「クリエベール」「クリエモカ」「クリエダーク」「グロスホワイト」の中から選べます。

MV

MVの主な特徴は、

  • キレイアップ水栓
  • 3面鏡(内部は収納仕切りのアレンジ可能)
  • キレイアップカウンター
  • サイド収納棚ワンプッシュ方式
  • 新てまなし排水口

水栓が上部からついている「キレイアップ水栓」は蛇口の根本周りに水が溜まりづらいので拭き掃除が楽です。

洗面器とのつなぎ目が無い「キレイアップカウンター」や簡単にごみを捨てることができる「新てまなし排水口」で、全体的に掃除しやすい洗面台です。

サイドの収納棚も取っ手なしのワンプッシュで開けるタイプなのでスッキリした見た目になります。

お風呂の標準仕様

アイフルホームのお風呂の標準仕様は、LIXIL製の「リデア」です。

リデアの主な特徴は、

・人造大理石
・キレイサーモフロア
・アクセントパネル選択可能
・掃除が楽な「くるりんポイ排水口」
・丸洗いカウンター(取り外し可能)
・換気乾燥暖房機
・フルフォールスライドバーでシャワー高さを自動調節
・鏡あり

キレイサーモフロアで、足先が冷たいと感じにくくなります。

さらに、フロア自体に、汚れが残りにくく、フロアの溝の奥までスポンジが入りやすい形状なので、掃除が楽です。

カウンターを完全に取り外して丸洗いできる点もメリットです。

アイフルホームの標準仕様で、壁1面分のアクセントパネルを選ぶことができ、デザインもおしゃれになります。

床材の標準仕様

アイフルホームの床材の標準仕様は、化粧シートを貼った合板フローリングです。

  • 清潔すこやかフロア

「清潔すこやかフロア(光触媒塗布床材)」 は、株式会社LIXIL住宅研究所、株式会社ケミカルクリエイト、株式会社イクタの 3 社協働で開発したハイブリッド光触媒を使ったフロア材です。

主な特徴は、

  • 抗菌機能
  • 消臭機能
  • VOC除去機能
  • すべりにくさ

室内の光の下で、床に付着しているカビ、菌、匂いなどを持続的に軽減させる効果があります。

また、すべりにくい床材のため、子供やお年寄りにも安心で、キッズデザイン賞も受賞しています。

和室の場合、畳は「大建」です。畳の色の種類も豊富ですよ。

建具の標準仕様

アイフルホームの建具の標準仕様は、 LIXIL製の「ラシッサS」です。
ラシッサSは、パネルタイプだけでなくガラス付きのタイプも選択可能で、デザインやカラーも豊富です。

引き戸・一般ドアどちらも標準で対応しています。


また、アイフルホームの特徴として、引き戸はすべて標準で「Wソフトモーション」です。

扉を閉めるときにゆっくりと閉まるので、こどもの指はさみ防止になるだけでなく、強く締めすぎて大きな音がでたり、建具が痛んだりするのを防ぐことができます。

さらにお手洗い、洗面所には標準仕様で建具にチャイルドロックもついています。

玄関の標準仕様

アイフルホームの玄関の標準仕様は、以下の2つから選べます。

  • LIXIL「エルムーブ」
  • LIXIL「ジエスタ2」

色もデザインも種類がかなり豊富なので、基本的に標準で十分対応できます。

さらに、電子キーである「カザスプラス(CAZAS+)」も標準仕様です。

注文住宅でやってよかった設備の一つに必ず挙がるのが電子キーです。

鍵をバッグから出さなくてよいので、荷物で手がふさがっていたり子どもを抱っこしているときはとてもありがたいですね。

親子ドア、引き戸、片開きすべて対応可能です。

外壁の標準仕様

アイフルホームの外壁の標準仕様は、窯業系サイディングです。

  • ケイミュー「光セラ18」

ケイミューの光セラ18は、光触媒によるセルフクリーニング機能が付いた外壁で、色あせや劣化も起こりにくく、約40年綺麗さが保てると言われています。

また、18㎜の厚さがあるので、重厚感があるのもうれしいですね。

屋根の標準仕様


アイフルホームの屋根材の標準仕様は「スレート」です。

  • ケイミュー「コロニアルグラッサ」

スレート屋根は、セメントに繊維素材を混ぜて板状に加工した薄くて軽い屋根材で戸建て住宅でよく使われています。

中でも、アイフルホームの標準仕様であるケイミューの「コロニアルグラッサ」はとても人気の屋根材です。

コロニアルグラッサの
メリット
コロニアルグラッサの
デメリット
  • 耐用年数30年で耐久性が高い
  • 軽量なため地震に強い
  • 色あせしにくい
  • 日当たりが悪いとコケやカビが生える可能性がある
  • 断熱性能はいまいち

カラーバリエーションも豊富にあるので、外観に合わせて選びましょう。

天井高の標準仕様

アイフルホームの天井高の標準仕様は2400㎜です。

天井高2400㎜は一般的な新築戸建の天井高です。

天井高は高いと開放感が出ますが、その分冷暖房の効きが悪くなったり、光熱費がかかるので、一概に高い方が良いとも言えません。

構造・工法の標準仕様

アイフルホームの工法

アイフルホームは、木造軸組工法を生かした「グランドスクラム構法」を採用しています。

主な特徴は、4つ。

  • 「オール集成材」:杉や檜に比べると強度が強い集成材を使っています。
  • 「テクノスター金物」:木材の接合部に「テクノスター金物」を使うことで、地震の力が集中しやすい接合部の強度が高くなります。
  • 「通気工法」:家の中に湿気がたまりにくい構造をつくり、木材の腐食や劣化を抑えています。
  • 「剛床工法」:1階も2階も床の厚みを28㎜にして(一般的に2階は12㎜の場合が多い)、床のたわみや床鳴りを抑制。地震時のねじれやゆがみも少なくなります。

耐震強度の標準仕様

アイフルホームの耐震性

アイフルホームの家はすべて、標準仕様で「耐震強度3相当」です。

「3相当」なので、実際に会社として等級を取得しているわけではないですが、施主が希望する場合、施主の負担で等級取得ができます。

実際にアイフルホームの住宅で長期優良住宅申請をして等級3を取得することも十分可能ですよ。

基礎の標準仕様

アイフルホームの基礎

アイフルホームの基礎の標準仕様は「ベタ基礎」です。

一般的に使用されている布基礎より耐震性が高いベタ基礎で、激しい縦揺れ・横揺れの地震にも負けません。


床となる面すべてに格子状の鉄筋を入れて、コンクリートを打ち付ける基礎です。

木造建築の場合は、布基礎でも問題ないのですが、ベタ基礎の方がより安定します。

断熱材の標準仕様

アイフルホームの断熱は、大きく3段階に分かれます。

  • FAVO P仕様(パネル断熱)
  • FAVO A仕様(吹付断熱)
  • FAVO G仕様 (グラスウール断熱)

標準仕様はA仕様で「フォームライトSL」という吹付断熱を使用しています。

フォーラムライトSLの特徴は、

  • 接着力やフォームの伸縮性が強く、木材の痩せにも対応してくれるので、経年劣化に強い。
  • 施工によるバラつきが少ない
  • 熱伝導率=0.036W/m・k

標準のA仕様からざっくり200万ほどの料金を追加することで、P仕様の「ネオマフォーム」という、より高性能な断熱材になります。

ただし、標準のA仕様でもZEH対応の家にできます。

窓の標準仕様

アイフルホームの窓

アイフルホームの窓の標準仕様は、以下の通りです。

  • LIXIL「サーモスⅡ-H」「サーモスL」・・・アルミ樹脂複合サッシ+Low-E複層ガラス(アルゴンガス入り)

一般的なアルミ樹脂複合サッシよりも断熱性能が約1.4倍と高いので、暑さ、寒さ、結露を最小限に抑えます。

また、通常の樹脂ガラスよりも断熱性能が高いとされるペアガラスに、熱伝導率が低いアルゴンガスをいれることでより断熱性能を高めています。

紫外線の抑制効果もあるので、床や畳が焼けて色あせるのを防ぐ効果もあります。

サッシで使われているサーモスシリーズは、樹脂タイプに比べてフレームもスリムなので、デザイン性も良いので、大変人気です。

換気システムの標準仕様

アイフルホームの換気システム

アイフルホームのfavoは、「第一種換気システム」を標準仕様としています。

  • 三菱ロスナイ「第一種熱交換型換気」


換気の際に本来捨てられる室内の温かさや涼しさを熱回収して換気をしてくれます。

そのため、夏や冬、冷暖房によって調整された部屋の温度が変わりにくいです。また、大気中の2.0μm以上の微小粒子状物質を約95%取り除いてくれます。


部屋ごとに換気を行うので、各部屋に1個ずつ、換気システムが設置されます。

縦20㎝×横40㎝×厚15㎝ぐらいのサイズ感でそれなりに存在感はありますが、白でシンプルな造りです。

フィルターの取り外しも簡単なので、自分たちでお手入れ可能です。

換気の風量を【強・弱】に手動で変更可能ですし、外気が寒い時には「寒いとき運転」という機能もあります。

外気の状況に合わせて自由に換気レベルを変更できるので便利です。

設備保証の標準仕様

アイフルホームのFAVOシリーズは、設備保証10 年間無償が標準でついています。

長期使用が前提の設備に関して、メーカー保証が終わった後も、故障や不具合が起きた際に、無償保証をしてくれるサービスです。

10年間無償の対象となる設備は、

  • 給湯器/エコキュート
  • システムキッチン
  • システムバス
  • 洗面化粧台
  • 多機能便座

一般的には、住宅設備の保証は「設備ごとでメーカー保証に準ずる」というパターンが多い(2~5年ほどのものが多い)ので、アイフルホームの大きなメリットと言えます。

まとめ

この記事では、アイフルホームの標準仕様・標準装備について解説しました。

アイフルホームは、LIXIL住宅研究所が運営しているため、水回りや建具類の標準装備はすべてLIXILのみです。

選べる会社が少ないのはデメリットと感じるかもしれません。

しかし、同等ランクのハウスメーカーより、標準仕様で入っているLIXIL商品のランクが高いというメリットがあります。

また、ショールームもLIXILの1ヶ所に行けばすべて決まってしまうのでとても便利ですよ。

ただし、断熱性能を上げたい場合や、LIXILとは別のメーカーの設備を入れたい場合などは、オプション費用が掛かります。

予算オーバーという事態にならないようにどこに費用をかけるかをしっかりと検討しておくようにしましょう。

そしてハウスメーカー選びで後悔しないためには、他のハウスメーカーとしっかり比較することが大切です。

ハウスメーカー選びで後悔しないためには?

ハウスメーカーにはそれぞれ特徴があり、出来ること出来ない事・得意不得意があります。

  • 開放感のある間取りにしたかったのに、間取りの制約が多いハウスメーカーにしてしまった…
  • オプション費用が高額で、予定より予算オーバーで色々諦めるしかない…

このようにハウスメーカー選びで後悔しないためには、以下の手順で進めていきましょう。

  1. 実現したい暮らしをイメージする
  2. 複数社でプランを比較する
  3. 気になるハウスメーカーを絞り、実物を見る

①実現したい暮らしをイメージする

  • 家事動線の家がいい
  • リビングに庭が見える大きな窓が欲しい
  • 耐震などは絶対安心できる家がいい

建てた家でこれからどんな暮らしをしたいのかを家族で話合ってみましょう。

そこで役立つのが、ハウスメーカーのカタログです。

カタログ請求

ハウスメーカーのカタログは、自分達の得意とする工法、デザインや間取りを多く載せているので、どんな暮らしをしたいかをイメージできると同時に好みの住宅会社を見つけることもできます

「こんな家いいな」「このキッチン素敵だな」「このリビングの雰囲気好きだな」あなたがいいと感じた部分に付箋を貼ったり、切り抜いてまとめておくと、家族や設計士さんにイメージを伝える時にもとても役立ちますよ。

ハウスメーカーの一括資料請求サービスは、「ライフルホームズ」が使い勝手が良くておすすめ!

予算や地域、テーマ別などあなたの要望に合わせて、住宅カタログを探すことができますよ♪

\家づくりのアイデアが満載/

②複数社でプランを比較する

家づくりの要望が決まったら、 必ず複数社にプランを出してもらい比較して決めましょう。

ハウスメーカーにもそれぞれ特徴があり、 出来ること出来ない事・得意不得意があります。

同じ要望を伝えても、出てくるプランは全く違います。

  • 出来る・できない
  • 価格
  • 間取りや提案力
  • 保証内容

比較して、あなたの希望に一番合うハウスメーカーを決めていきましょう。

タウンライフ家づくり」を使うと、あなたの要望に合う住宅会社をピックアップして、間取りプランの提案・概算見積もりの作成を無料で依頼することができます。

一条工務店の間取り

住宅展示場へ行かなくても、家にいながらハウスメーカーやプランの比較・検討ができますのでぜひ利用してみてくださいね♪

\カタログ・間取りプランが同時にもらえるのはココだけ/

毎月5,000人以上が利用の大人気サービス

③気になるハウスメーカーを絞り、実物を見る

ハウスメーカーカタログや間取りプランを見ながら、気になるハウスメーカーが数社に絞れたら、実際に完成宅見学会や住宅展示場で実物を見てみましょう。

自分の希望と同じくらいの大きさの家を実際に見ることで、イメージと本当に合っているか確認できます。

  • 広さや雰囲気
  • 音やニオイの伝わり方
  • 暑さ・寒さ

カタログや資料ではわからない部分もあるので、実際に体感して、納得してからハウスメーカーを決めることで理想のハウスメーカーが見つかりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次