隣人ガチャ・モンスター隣人対策6選!戸建て購入で失敗しないためにできること

隣人ガチャ・モンスター隣人対策

そもそも隣人ガチャとは、隣人は自分で選べず運まかせで決まることから、ガチャガチャを引くようなものであることである事をなぞらえた言葉です。

隣人ガチャがハズレた場合、騒音に悩まされたり、モンスター隣人にびくびくしながら一生生活するなんて嫌ですよね。

この記事では、

  • 人生が狂ってしまう隣人ガチャ・モンスター隣人について
  • 戸建て購入で隣人ガチャで失敗し、モンスター隣人に当たらないための対策

について紹介します。

隣人ガチャのハズレであるモンスター隣人で失敗する可能性は、戸建てや土地を購入前に近隣調査・隣人調査をしておくことで、大きく減らすことができますよ。

近隣調査・隣人調査は自分でする方法もありますが、専門家にお願いすることも可能です。気になる方は、トナリスクの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

\無料相談から初回Web面談でギフト券5,000円分プレゼント/

※近隣調査・隣人調査に特化
※近隣住民に依頼した事がばれません

目次

隣人ガチャで失敗した経験のある人は約3割!戸建てを買う時は要注意

近隣トラブルを経験した人の割合
出典:日本法規情報株式会社

日本法規情報株式会社が行ったアンケート調査によると、「ご近所トラブルに巻き込まれたことがありますか?」という質問に対し、回答者全体のうち28%がご近所トラブルに巻き込まれた経験があると回答しています。

約3割の方が隣人トラブルに巻き込まれた事があるんですから、決して他人事ではありません。

出典:日本法規情報株式会社

また、トラブルの原因は「騒音」が最も多く、全体の30%です。次いで境界線トラブルで、17%を占めています。ゴミの不法投棄や理由がわからないが難癖をつけてくる人がいると続きます。

賃貸であれば引越しすれば解決しますが、マイホームや戸建ての場合は、隣人ガチャに失敗してしまったから引っ越そうなんて簡単にはできませんよね。

実際に隣人ガチャに失敗した人の声を紹介

隣人ガチャに失敗した人の声

隣人ガチャへの対策を立てるには、どういったトラブルがあるのか具体的に知っておく必要があります。

ということで、実際に隣人ガチャやモンスター隣人で失敗した人の声を集めたので紹介します。

隣人ガチャ失敗談①ひどい嫌がらせにあった

隣人ガチャ失敗談②道路族が敷地に入ってくる

隣人ガチャ失敗談③騒音をやめてくれない

隣人ガチャ失敗談④敷地を汚される

隣人ガチャ失敗談⑤隣人が境界線の確認をせず建ててきた

このような近隣ガチャに失敗しない為に、下記のポイントをチェックして事前に対策しておきましょう。

隣人ガチャ・モンスター隣人で失敗しない!当たりをひくための6つの対策

それでは、隣人ガチャ・モンスター隣人で失敗しないための対策を紹介していきます。

  1. 戸建ての防音性を確認する
  2. 隣人の生活スタイルをチェックする
  3. 近隣のゴミ捨て場の使用状況を確認する
  4. 樹木など越境物がないか確認する
  5. 隣地との境界があいまいな土地は避ける
  6. 周辺の土地に私道がある場合は避ける

それぞれ、詳しく紹介していきます♪

対策①戸建ての防音性を確認する

隣人トラブルで一番多いのが、騒音です。少しでも騒音に悩まされないためにも、戸建てを建てる際は防音性能・遮音性能を高めておきましょう。

すべての部屋の防音性能を上げることが難しくても、隣家と近い部屋や寝室・リビングだけでも対策しておくと快適に過ごす事ができますよ。

具体的には、以下の3つです。

  • 防音性の高い断熱材を使用する(ウレタンフォーム、グラスウール、セルロースファイバーなど)
  • 気密性の高い窓にする(すべり出し窓、複層ガラス)
  • 換気口、換気扇の位置を隣家から離す(防音換気扇でも可)

対策②隣人の生活スタイルをチェックする

隣人と生活スタイルが違うと、睡眠の妨げになり健康に支障をきたす場合もあります。

隣人にどんな人が住んでいるのかをチェックするために昼・夜の2回に分けて下見をしてみましょう。

具体的に見るポイントは

  • 家族構成(子供はいるか?ペットはいるか?)
  • 生活リズム(夜は静かか?、在宅勤務か?)
  • 外でたばこを吸っていないか?

小さい子供がいる家庭など同じような家族構成の場合お互い様と寛容に慣れる部分もありますが、全く違う生活スタイルの場合はトラブルになりやすい傾向があります。

対策③近隣のゴミ捨て場やコンビニの使用状況を確認する

住む地域の住民のマナーを確認することで、隣人ガチャで失敗する可能性を減らすことができます。

きれいにゴミ捨て場を使っている所であれば、そこの近隣の方々はキチンとルールを守って生活している可能性が高いと分かるからです。

具体的に見るポイントは、

  • ゴミ捨て場はキレイに管理されているか?
  • 分別できていなかったゴミが残っていないか?
  • 近隣のコンビニのゴミ箱が家庭ごみでパンパンになっていないか?

分別もしない、管理もしない地域というのは、自分勝手なルールで生活している人がいるという事の表れですね。

対策④樹木など越境物がないかを確認する

隣の家からブロック塀やフェンス、樹木、エアコンの室外機、などが境界線を越えてきていないかを確認しておきましょう。

よくある越境トラブル例は、以下の通りです。

  • 境界付近に植えた木が成長し、敷地内に枝が伸びてしまっている。
  • ブロック塀やフェンスが経年により傾き、一部が敷地内に入ってきている
  • 屋根、軒、雨といが敷地内に入ってきている

自分の土地に入っているからと言って、はみ出している樹木や塀を勝手に処分したり伐採したりするのは不法行為に当たるので、土地や戸建てを購入する前に、不動産屋さんに連絡し解決してもらっておきましょう。

対策⑤隣地との境界線があいまいな土地は避ける

隣の土地との境の位置で揉める境界線トラブルは、お互いの財産に関わる問題なので難しい問題で裁判に発展するケースもあります。

仮に解決したとしても、一度揉めた人と近所で顔を合わせることになるというのは気まずいものですよね。

そのためには、あらかじめ隣地との境界線があいまいな土地は避けましょう。

対策⑥周辺の土地に私道がある場合、所有者が複雑な土地は避ける

道路には、公道と私道があります。私道は、個人や企業が所有・管理している道の事です。

具体的なトラブル例としては、

  • 私道所有者が他の人の通行を妨げる・禁止する
  • 上下水道やガス配管などを引き込むための掘削工事をさせてくれない

私道は、道路交通法は適用外なのでトラブルが起きた場合も警察に介入してもらう事は出来ず、当事者同士で解決するしかありません。

そのため、周辺の土地に私道がある場合や所有者が複雑な土地は、面倒な事になりかねませんので避けましょう。

隣人ガチャ・モンスター隣人対策に便利なサービス

隣人ガチャ・モンスター隣人対策で大切なのは、近隣調査・隣人調査です。

もちろん不動産屋さんやハウスメーカーも最低限の調査はしてくれますが不動産屋さんは土地や物件を売るのが仕事です。

隣人にどんな人が住んでいるかなんて、教えてくれません。

ですから、あなた自身で調査し、隣人ガチャでハズレをひかないようにする必要がありますよ。

しかし、自分で隣人調査・近隣調査をするのはハードルを高く感じる方もいます。

  • やり方がわからない
  • 時間がない・遠くて無理
  • 調査していることがバレたくない

そんなときに頼りにしたいのが、隣人調査・近隣調査の専門サービス「トナリスク」です。

トナリスクとは、近隣住民がどのような人々か地域ルールがあるのかを専門家があなたに代わって自治会長や近隣住民へ聞き取り調査してくれるサービスです。

トナリスクを利用することでわかること
  • 近隣住民にマナーや評判の悪い人はいないか?
  • 近隣住民はどんな人が住んでいるのか?(子育て世帯に寛容であるか?)
  • 自治会のルールや派閥など雰囲気はどうか?
  • 治安は大丈夫そうか?
  • 過去にトラブル事例はないか?

ぜひこうしたプロの力を借りて、あなたの生活を守るために大切な戸建て購入のために「ベスト」を尽くしましょう。

\無料相談から初回Web面談でギフト券5,000円分プレゼント/

※近隣調査・隣人調査に特化
※近隣住民に依頼した事がばれません

トナリスクについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

まとめ|戸建て購入で失敗しないために契約前に近隣調査は必ずしよう

この記事では、隣人ガチャ・モンスター隣人で失敗しないための対策についてまとめました。

  1. 戸建ての防音性を確認する
  2. 隣人の生活スタイルをチェックする
  3. 近隣のゴミ捨て場の使用状況を確認する
  4. 樹木など越境物がないか確認する
  5. 隣地との境界があいまいな土地は避ける
  6. 周辺の土地に私道がある場合は避ける

特に戸建てやマイホームを購入する場合は、契約する前に、必ず近隣調査・隣人調査を行いましょう。

自分で確認していくのもいいですし、難しい場合はプロの力を頼るのも一つの手です。

\無料相談から初回Web面談でギフト券5,000円分プレゼント/

※近隣調査・隣人調査に特化
※近隣住民に依頼した事がばれません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる