家を建ててはいけない年齢はいつ?2023年版!建てて良い時期も合わせて紹介

家を建ててはいけない年齢

そろそろ家が欲しいけど、いつ家を建てようかな?買おうかな?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

家は一生に一度の大きな買い物ですから、せっかくなら運勢の良い時期に家を建てたいですよね。

子供の誕生や進学、転勤などのタイミングで家を建てることはよくありますが、なかには家を建ててはいけない年齢もあるため、注意しなくてはなりません。

そこでこの記事では、

を紹介します。

日頃から風水や占いをあまり気にしない人も、ぜひ確認してみてください。

目次

家を建ててはいけない年齢や時期はいつ?

家を建てる時期に関する占いはいろいろと種類があり、よく用いられるのが下記のような占いです。

  • 四柱推命…生まれた年・月・日・時刻の4つの柱から運命を推し量る占い
  • 六星占術…生まれた生年月日によって土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの星に分けて運命を推し量る占い
  • 厄年…人生で3回ほど訪れる災難や不幸が降りかかりやすいと考えられている年のこと

中でも家を建ててはいけないとされる年齢は、

  • 四柱推命…天中殺、沖
  • 六星占術…大殺界
  • 厄年

です。

それぞれ以下で解説していきます。

 天中殺・空亡の時期

家を建ててはいけないとされている年齢の一つ目は四柱推命の「天中殺(空亡)」の時期です。

天中殺は、12年に1度、2年間、天が味方をしてくれない時期とされています。

  • 物ごとがうまく進まない
  • トラブルが押し寄せてくる
  • 精神的にも不安定になる

家を建てたり買ったりする場合、考えることがたくさんありますし、多くの人と関わりますので、天中殺の年齢は家を建てるのに適さないといわれています。

天中殺の時期は、自発的な行動はとらず、準備期間だと考えて、カタログを見たりしながら家の勉強をするのが吉です。

以下のサイトで生年月日を入力するだけで自分の天中殺がいつなのか簡単に分かります。
天中殺を調べる

沖の時期

家を建ててはいけないとされている年齢の二つ目は四柱推命の「沖(ちゅう)」の時期です。

沖の意味は、

  • 衝突
  • 孤立
  • 反対
  • 破壊

沖の期間は、突然の別れやあらゆるトラブルに巻き込まれやすい時期だと言われていますので、一生に一度の大きな買い物である家を建てるには適しません。

例えば、1990年1月1日5時生まれの男性の場合、

家を建ててはいけない年齢

2028年が沖、2030年2031年が空亡(天中殺)となるため、家を建ててはいけない年齢となります。

以下のサイトで生年月日と生まれた時間を入力するだけで命式が分かり、自分の沖がいつなのか簡単に分かります。
命式を調べる

大殺界の時期

家を建ててはいけないとされている年齢の3つ目は六星占術の「大殺界」の年です。

六星占術の大殺界は、四柱推命でいう天中殺(空亡)です。

運命は 「種子・緑生・立花・健弱・達成・乱気・再開・財成・安定・陰影・停止・減退 」の周期で巡っているされていて、 その中での 陰影停止・減退の3年間を大殺界と呼びます。

大殺界は、人生でいう冬の時期ですので、じっとしているのが良いとされているため、家を買ったり建てたりすることは避けたほうがいいとされています。

以下のサイトで生年月日を入力するだけで自分の大殺界がいつなのか簡単に分かります。
大殺界を調べる

 厄年の時期

家を建ててはいけないとされている年齢の4つ目は「厄年」です。

2023年の厄年は以下の通り。

出典:厄年・厄除け厄払いドットコム

厄年は、変化や人生の転機が訪れる人が多いと言われており、予期せぬ災難に遭ったり、体調や精神的にも落ち着かないことが増える時期といわれています。

そのため、引越しや家を建てるのは避けた方がいいとされています。

家を建てるのに良い年齢や時期はいつ?

逆に、家を建てるのに良いとされている年齢は四柱推命の「正財」「偏財」の年齢・時期です。

正財、偏財ともに四柱推命において大運とされていて、人生のターニングポイントと言われていますよ。

以下のサイトで生年月日と生まれた時間を入力するだけで命式が分かり、自分の正財・偏財がいつなのか簡単に分かります。
命式を調べる

正財・偏財については以下で簡単に解説します。

正財の時期

正財とは固定の財の意味があります。

  • 現実的になり、地に足の着いた考え方ができる
  • 安定を求め、家族を大事にする

こうした特徴かから、不動産などの固定資産を増やすには良い時期とされています。

偏財の時期

偏財とは流動の財の意味があります。

  • 考え方が柔軟になり、人脈が広がる
  • 金運がいい

こうした特徴から、事業の拡大で成功したり金銭面でもトラブルに巻き込まれるリスクが少ないとされているので、家を建てるにはいい時期とされています。

家を建ててはいけない年齢は誰が対象?

家を建ててはいけない年齢は、誰の運勢を元にすればいいのか迷いますよね。

本来、家族全員の運勢の良い時期に建てるのが一番ですが、なかなか全員がいい時期というのは難しいです。

そのため、家を建てる名義人の運気の悪い時期は避けるようにしましょう。

最近では、ペアローンで家を建てることも多いのすので、その場合は夫婦2人の運気の悪い時期は避けましょう。

家を建ててはいけない年齢はどのタイミング?

注文住宅で家を建てる場合、契約から引き渡しまでが1年以上かかることも少なくありません。

そういった場合、建ててはいけない年齢や時期は契約日なのか引き渡し日のことなのか疑問に思いますよね。

  • 契約締結日
  • 地鎮祭
  • 上棟
  • 引き渡し
  • 入居日

これは占い師や流派によって見解が違いますので、 しっかりと占いたいという方は専門の鑑定士に占ってもらい時期を見てもらうといいでしょう。

ココナラでは、四柱推命や六星占術など様々な占い師が在籍しており、電話相談や鑑定をしてくれます。

数百円~で気軽に相談できますので気になる方は、ぜひココナラの電話占いをチェックしてみてください

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中

家を建ててはいけない年齢に少しでも失敗を避けるコツ

占いを気にすると、結婚、出産、進学などのタイミングで本当に家を建てたいと思った時期に建てられないこともあると思います。

どうしても、家を建ててはいけない時期に家を建てたい場合は、

  • いつも以上にチェックを増やす
  • 注意深く物事を進める
  • 運勢のいい家族へ判断をゆだねる

といった方法をとりましょう。

また大切なのは、現実な面と占いとのバランスです。

  • 予算をしっかりと決める
  • 信頼できるハウスメーカーを選ぶ

といったことを頭にいれて、無理のない安心した家づくりをしていきましょう。

▼家づくりにかけられる予算がわからない方はこちらの記事も参考にどうぞ。

ハウスメーカー選びで後悔しないためには?

ハウスメーカーにはそれぞれ特徴があり、出来ること出来ない事・得意不得意があります。

  • 開放感のある間取りにしたかったのに、間取りの制約が多いハウスメーカーにしてしまった…
  • オプション費用が高額で、予定より予算オーバーで色々諦めるしかない…

このようにハウスメーカー選びで後悔しないためには、以下の手順で進めていきましょう。

  1. 実現したい暮らしをイメージする
  2. 複数社でプランを比較する
  3. 気になるハウスメーカーを絞り、実物を見る

①実現したい暮らしをイメージする

  • 家事動線の家がいい
  • リビングに庭が見える大きな窓が欲しい
  • 耐震などは絶対安心できる家がいい

建てた家でこれからどんな暮らしをしたいのかを家族で話合ってみましょう。

そこで役立つのが、ハウスメーカーのカタログです。

カタログ請求

ハウスメーカーのカタログは、自分達の得意とする工法、デザインや間取りを多く載せているので、どんな暮らしをしたいかをイメージできると同時に好みの住宅会社を見つけることもできます

「こんな家いいな」「このキッチン素敵だな」「このリビングの雰囲気好きだな」あなたがいいと感じた部分に付箋を貼ったり、切り抜いてまとめておくと、家族や設計士さんにイメージを伝える時にもとても役立ちますよ。

ハウスメーカーの一括資料請求サービスは、「ライフルホームズ」が使い勝手が良くておすすめです。

ローコスト住宅・自然素材の家・平屋などテーマに合わせた住宅カタログを探すことができますよ♪

②複数社でプランを比較する

家づくりの要望が決まったら、 必ず複数社にプランを出してもらい比較して決めましょう。

ハウスメーカーにもそれぞれ特徴があり、 出来ること出来ない事・得意不得意があります。

同じ要望を伝えても、出てくるプランは全く違います。

  • 出来る・できない
  • 価格
  • 間取りや提案力
  • 保証内容

比較して、あなたの希望に一番合うハウスメーカーを決めていきましょう。

HOME4U家づくのとびら プラン作成依頼サービスを使うと、あなたの要望に合うハウスメーカーから間取りプランを最大5社まで一括依頼が可能。

一条工務店の間取り

住宅展示場へ行かなくても、家にいながらハウスメーカーやプランの比較・検討ができますのでぜひ利用してみてくださいね♪

最大5社にプラン作成を一括依頼

※今だけ!契約になった際、Amazonギフト券5万円分贈呈中!

③気になるハウスメーカーを絞り、実物を見る

ハウスメーカーカタログやプランを見ながら、気になるハウスメーカーが数社に絞れたら、実際に完成宅見学会や住宅展示場で実物を見てみましょう。

自分の希望と同じくらいの大きさの家を実際に見ることで、イメージと本当に合っているか確認できます。

  • 広さや雰囲気
  • 音やニオイの伝わり方
  • 暑さ・寒さ

カタログや資料ではわからない部分もあるので、実際に体感して、納得してからハウスメーカーを決めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる