タウンライフの家づくり計画書の口コミ!メリット・デメリットを暴露

家づくり計画書

マイホームが欲しい!と思った時、「いったい何から始めたらいいの?」と感じる方が多いですよね?

そして多くの方が、とりあえず住宅展示場へ行ってみようかなと足を運びます。

すみこ

私も最初に住宅展示場へ行きました。でも、これが大失敗。

何の予備知識もないまま住宅展示場へ行ったので、時間がかかった上に、どのハウスメーカーもよく見えて、どうやってハウスメーカーを選べばいいのか全くわかりませんでした。

ハウスメーカーさんによる説明が、一軒あたり約1時間~2時間。

すみこ

どこのハウスメーカーがどんな感じだったか?すらわからなくなる事態

特に子供連れの方は、要注意!

はじめは素敵なモデルハウスにテンションがあがっていた子供も、疲れて飽きてきてしまい、ゆっくり話を聞けません。

そこで、我が家は、「家づくり計画書」を作ってくれるサービスを利用しました。

タウンライフの家づくり計画書とは、

  • 無料で各ハウスメーカーの資料がもらえる
  • 希望の土地を提案してくれる
  • 予算や資金計画について教えてくれる
  • 希望に沿った間取りを提案してくれる

一括資料請求サービスです。

我が家も利用したおかげで、家にいながら気になるハウスメーカーを絞りこむ事ができ、スムーズにハウスメーカー選びが出来ました。

特に今のような自粛期間中でも、家づくり計画をスタートさせる事ができるありがたいサービスです。

すみこ

最初からこのサービスを使っていれば良かった・・

  • マイホームをこれから検討したい方
  • ハウスメーカー選びに迷っている方
  • タウンライフの家づくり計画書の口コミ・評判が知りたい方
  • マイホーム作りで後悔したくない方

この記事では、「家づくり計画書」サービスを使った口コミや実際に利用して感じたメリット・デメリットを包み隠さず紹介してますので、ぜひ参考にしてくださいね。

▼我が家が利用した家づくり計画書サービスはこちら

\ 優良注文住宅会社600社から一括資料請求できる  /

※すべて無料!

目次

タウンライフ家づくり計画書の口コミ!実際に利用して感じたメリット

1.簡単!家にいながら3分で利用できた

  • まだ本当に家を建てるのかもわからないから住宅展示場にいくのはちょっと・・
  • 赤ちゃんがいるから、住宅展示場いくのは大変そう・・
  • 小学校入学までに建てたいけど、今は自粛期間中・・

そんな方にぴったり。本当に家にいながら、簡単に資料請求できました。

流れはこんな感じ。

STEP
建てたいエリアを選択し、スタートボタンをクリック
STEP
要望を選択する
STEP
その他の要望と資料の届け先を詳しく書く

要望は思いつく限り詳しく書いた方がいいです。

詳しく書かないと、提案してくれる側も何を重要視すればいいのか分かりませんからね。

もし、各ハウスメーカーから電話をかけてほしくなければ、
「電話連絡はご遠慮ください。メールを希望します」と書いておきましょう。

STEP
資料請求したいハウスメーカーを選択し、完了

私の希望する地域では、9社が対応しているようです。聞いた事のない会社もありましたが、色々比較してみたいと思いすべての会社から資料を送っていただきました。

すみこ

詳しい要望を書いても本当に3~5分でできましたよ!

2.本当に無料で各ハウスメーカーの資料がもらえた

ハウスメーカーのカタログ

地域によっては小さな工務店まで合わせると、数十件なんてことも・・

我が家は出てきたハウスメーカーすべてに資料請求しましたが、一切お金はかかりませんでした。

仲介手数料も無料

もしある会社と契約することになっても、タウンライフから仲介手数料は取られません。

タウンライフはハウスメーカーの広告費から運営しているので、ハウスメーカーにとってもネット広告を出しているのと同じという事です。

すみこ

もちろんどことも契約しなくても問題ないよ

3.優良注文住宅会社のみ掲載しているから安心できた

ハウスメーカーを選ぶとき、本当に信頼できる会社かな?と心配ですよね。

家づくり計画書に掲載されているハウスメーカーや工務店は600社以上ありますが、施工実績などから全て厳格な国家基準をクリアした信頼のある住宅会社のみ。

すみこ

知らないハウスメーカーもあったけど、安心できたよ

  • 名前は知っているけど、構造に力をいれているのがわかって安心した
  • 名前すら知らなかったけど、標準設備が充実していてすごい

カタログを見てみると、家の基礎知識や好きなテイスト、希望の間取りなどもわかってくるので、夫婦で話し合うのに最適です。

すみこ

最初はマイホームにあまり乗り気じゃなかった主人もやる気満々になりましたよ

4.希望の土地を提案してくれた

マイホームの土地探しは情報戦。

例えば、

  • きれいな四角い土地
  • 東南の角地
  • 駅から近い
  • 周辺施設も充実
  • 災害に強い地域

このような土地は、誰もが欲しい土地なので、簡単に出会えるはずはありません。

そこで重要なのが、未公開の土地情報を教えてもらうこと。

ネットに出ている土地はほんの一部

土地って、売主が「知人に値段を知られたくない」といった理由から、ネットやフリーペーパーには載せないで欲しいと不動産屋さんにお願いしているケースが多いんです。

ネットに出ている土地=売れ残りかも・・

ネットに掲載している=広告料を払っています。ということは、

不動産屋さんだって、すぐに売れるようないい土地に、わざわざ高い広告料を払いたくないですよね?

つまり、

すみこ

ネットに掲載している土地は広告料を払わないと売れない土地な事も・・

ネットに出ている土地は、

  • 地域的にあまり売れない
  • 変わった土地の形をしている
  • 狭すぎる
  • 相場より高い
  • 陽当たりが悪い

などといった売れ残り物件である可能性を知っておきましょう。

(もちろんそうではない事もありますが・・)

未公開の土地情報を紹介してもらえる

未公開の土地情報を紹介してもらうには、建てる地域の不動産屋さんを訪ねる必要があります。

でも、知識のない素人に本当にいい土地なんてわかりません。

すみこ

不動産屋さんは土地を売るプロですから、売るのが仕事。売ってしまえば、そのあとは関係ないので、いい事ばかり並べている可能性もあります

そこで、おすすめなのが、ハウスメーカーに土地探しをお願いする方法。

ハウスメーカーは契約後も家を建ってからもずっと関係は続くので、あまり変な土地をおすすめする事はできませんからね。

また、ハウスメーカーは付き合いのある不動産屋さんを持っていることが多いので、土地の未公開情報も持っている場合もあります。

家づくり計画書を使うと、あなたの希望に沿うマイホームが建てることが可能な土地を紹介してくれます。

  • こんな家を建てたいなら、これくらいの土地の広さが必要だよ
  • この土地は境界線があいまいだから、苦労するからやめておいた方がいいよ

など、具体的に家を建てることを想定して、提案してくれるのが、ハウスメーカーに土地探しをお願いするメリットです。

5.予算や資金計画について教えてくれる

家づくりは予算の設定が大切です。

家を買ったあと、住宅ローンが払えなくなってしまう事だけは避けなければなりません。

各ハウスメーカーや工務店によって、相場は全然違います。

理由は、

  • 標準仕様の設備や材質が違う
  • 広告費・人件費にかけるお金の違い

など様々。

お金が無限にあれば、立派な家が建ちますが、実際はそうもいきません。

すみこ

予算に合わないハウスメーカーといくら話をしても、むなしくなるだけです。

資金計画を教えてもらう

自分がどれくらいの金額の家なら建てられるかがわからない人も多いと思います。

そんなあなたは、希望欄に、

  • 世帯年収は夫婦合計で△△万円です。
  • 頭金は△万円で考えてます。
  • 月々の支払いは○万円くらいを希望しています。
  • これでどんな家が建てられるのかを教えてください。

こんなふうに書くと、ハウスメーカーや工務店から、予算に合った家を提案してくれます。

  • いい場所にあるけど、低品質な家
  • ちょっと希望より離れている場所だけど、いい設備の家
  • 立地も家も適度にいい家

などそれぞれ。

すみこ

何を重要視するかはあなた次第。気になったハウスメーカーとだけ詳しく話を聞けばOKです

6.希望に沿った間取りを提案してくれるのはタウンライフだけ

間取りはたくさん見れば見るほど、知識も増えるので、GOOD!

すみこ

実際にお願いをしなかったけど、間取りは参考にしたハウスメーカーもあります。

各社から送られてくるカタログには、

  • 間取りに関するアイディア
  • 実際に建てた方の間取り

などが載っているので、「あ!これいいな」という間取りを切り取って、家づくりのイメージを沸かせる事ができます。

▼実際にいただいた間取りの一部です。

2階に洗面所の間取り
すみこ

2階に洗面所やお風呂があるなんて、考えてもみなかったので、選択肢が広がりました。

タウンライフの家づくり計画書の口コミ!実際に利用して感じたデメリット

カタログを送ってくるだけのハウスメーカーもある

9社に資料請求をしましたが、実際に間取りや見積もりまで送ってくださったハウスメーカーは2社だけ。

9社ともカタログは届きましたけど・・

すみこ

間取りはいただけないんですか?とメールしてみましたが、もう少し詳しく話を伺ってから・・と言われました

よくよく考えてみると、ハウスメーカーさんも本気の人と打ち合わせをしたいと思うので、メールでの熱意不足だったのかもしれません。無料ですから、期待しすぎは禁物です

突然電話してくるハウスメーカーもある

正直に言うと、電話はご遠慮くださいと書いたにも関わらず、電話をしてきたハウスメーカーもあります。

正直、どうなの?と思いましたが、カタログを送ってくるだけで、全くメール連絡すらないハウスメーカーもありましたから、熱意は感じました(笑)

本当に嫌な場合は、お断りしましょう。

まとめ|家づくり計画書はメリットがたくさん。もらって損なし

地域によっては、数社しか対応していない場所があったり、ハウスメーカーによって、いただける資料が違うこともありますが、無料なのでしかたありません。

実際に我が家が利用して感じたメリットは、

  • 家にいながら、夫婦でゆっくりとどんなイメージの家がいいか話し合える
  • 土地探し、資金計画、家づくりをトータルで相談できて良かった
  • カタログはたくさん見ればみるほど、知識やアイディアが湧いて良かった

です。

マイホームが欲しいと思ったら、まずはタウンライフの家づくり計画書を依頼してみましょう。

すみこ

無料なので、もらって損はありませんよ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる