新築はどこで建てる?ハウスメーカー選びに疲れた時にやるべき3つの事

新築マイホームを建てたいと思った時、ハウスメーカー選びって迷いますよね?

本当にこのハウスメーカーでいいのかな?
もっといいハウスメーカーがあるかもしれない…

毎週末、展示場訪問しているけど、どうやって決めたらいいのかわからない…

はぁ、、家づくりって大変すぎない?
何だか疲れてしまった…

こんな気持ちになっていませんか?

実は楽しいはずの家づくりがハウスメーカー選びの段階で疲れてしまう人は珍しくありません。

すみこ

私も正直クタクタで挫折しかけました…

ハウスメーカー選びに疲れてしまう理由は大きく分けると2つあります。

  • なんとなくハウスメーカー巡りをしているから
  • 自分達の要望が決まってないから(どんな家を建てたいかが決まらない)

展示場をひたすら巡っていると、行けば行くほど話を聞けば聞くほど、どのハウスメーカーも素敵に見えてくるし、構造や外壁、空調や設備などすべて重要に思えてきてしまうんですよね。

すみこ

結果、もう一生決まらないのでは…?なんて不安も…

そんなあなたにこの記事では、ハウスメーカー選びに疲れた時にやるべき事を3つ紹介します。

すみこ

私自身が実際にやって、ハウスメーカー迷子から抜け出せましたよ

▼各ハウスメーカーや工務店のカタログはネットで取り寄せできます。

▼ 家づくりの定番サイト ▼

\ 累計利用者110万人の人気サイト/

※完全無料・3分で完了!

目次

ハウスメーカー選びに疲れた時にやるべきこと3つ

ハウスメーカー選びに疲れた時やるべきこと3選

ハウスメーカー選びって、

  1. 休みの日に展示場へ行って
  2. 営業マンと話をして
  3. 帰ってきてから、夫婦で話し合い

これの繰り返しですから、そりゃ疲れますよね。

ある日ふと気が付いたのです。

「このままではヤバイ…。なんか疲れてイライラばかりしてるぞ私」と。

せっかく新築を建てようとしているのに、楽しくやらないなんてもったいないですよね。

ハウスメーカー選びに疲れた時は、次の3つの事をやってみましょう。

  1. 一旦家づくりの事を考えるのを休む
  2. 夫婦でゆっくり話し合う
  3. 家にいながらハウスメーカーを絞る
すみこ

あせらないでも大丈夫!

一旦家づくりの事を考えるのを休む

ハウスメーカー選びに疲れたらやること

「は?そういう事じゃない」って声が聞こえてきそうではありますが、ぜひ試してほしいのが「休むこと」。

すみこ

毎週末のように展示場で話を聞くのは心も身体も本当に疲れてしまいます

ハウスメーカー選びは家づくりのまだまだ序盤。しかし、間違えてはいけない重要なポイントです。

疲れてしまった状態でハウスメーカーを適当に決めてしまって、あとから後悔するっていうのが一番やってはいけないパターンなので、納得した上で判断ができる状態でない場合は、少しの間思い切って休憩してしまいましょう。

長く休み過ぎると建てる意欲がなくなってしまう事もあるので危険ですが1ヶ月くらい休んでみるのも全然アリだと思いますすよ。

すると何気ない日常の中で、

  • 子供がのびのび暮らせるような家がほしいな
  • 結露のしない家がほしいな
  • 収納がたっぷりある家がいいな

って感じで、なぜか不思議な事にやっぱり家が欲しいって思えてくるんですよね。

すみこ

休憩も大事!

ゆっくり話し合う

ハウスメーカー選びに疲れたらやること

ハウスメーカーと契約して家を建てる事がゴールではありません。

「家を建てて、家族で幸せな暮らしを手に入れる」のが目的ですよね?

そのためには、自分達がどんな暮らしをしたいのかを夫婦でじっくりと話し合う事が一番重要です。

展示場で話を聞くだけでは、どの会社も営業トークでいい所をバンバンアピールしてくるので、どれも素敵に見えてしまいますが、どの家庭にもその設備や性能、構造が必要なんて事はありえません。

家庭によって理想の暮らし方やライフスタイルは違いますからね。

話し合いでは、家づくりの事だけでなく、人生の事を幅広く話し合うのがおすすめです。

  • 将来子供は何人くらい欲しい?
  • 休みの日は家でゆっくり過ごしたい?お出かけをたくさんしたい?
  • お互いの両親の介護の必要ってあるの?
  • 子供に教育費をどれくらいかけたい?
  • 老後は住み替えるつもり?一生住むつもり?

こんな感じで各家庭によって、必要な設備や大きさ、家にかける予算などがガラッと変わってきます。

すると、

  • 性能を取るか?広さを取るか?
  • 予算の上限はこの金額にしておこう
  • 優先順位は何にするか?
  • 絶対これだけは、こだわろう!

というポイントが見えてきますよ。

▼もし、自分達の理想の暮らしがはっきりとしない場合は住宅関連の本や雑誌を読んでみましょう。

すみこ

難しい家づくりの知識の本よりもBRUTUSのような雑誌や暮らし系の本を読んでみると理想の暮らしがイメージしやすいのでおすすめだよ

これらの本すべてではないですが、家づくりに関する本は、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」で色々と読むことができます。

▼こんな感じ。すべてKindle Unlimitedで読めます。

「住まい・インテリアジャンル」だけでも170冊もありますよ。

しかも最初の30日間は無料でお試しできますので、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません

ハウスメーカーを絞る

ハウスメーカー選びに疲れたらやること

手当たり次第にハウスメーカーを訪問していては、どんだけ時間があっても足りないし非効率です。

  • 1社につき2時間くらいかかる
  • 要望や予算など同じ事を毎回聞かれる
  • 話を聞いたハウスメーカーから営業の連絡がバンバンくる

なんて経験ありますよね?

なのに、訪問してみてから、

  • なんか思ってた雰囲気と違ったな…
  • 予算が全然うちと合わない…

これでは、残念過ぎます。疲れるだけ・・

これを解決するためには、展示場やモデルハウスを訪問する前に、あらかじめ家で情報収集をしておくことです。

自分達の要望や優先順位と照らし合わせながら、このハウスメーカーの話は聞いてみたいな?見てみたいな?という会社を数社にだけに絞ってから訪問しましょう。

情報収集ってどうやってするの?

すみこ

友人や知人の話を聞くのもいいけど、カタログの一括請求がおすすめだよ

モデルハウスや展示場へ訪問しなくてもカタログや資料を家へ送ってもらうことができます。

カタログを見れば、各社の

  • 家の雰囲気
  • 特徴、力を入れている点
  • 暮らしのアイデア
  • (間取りや見積をもらえる所も)

といった事が分かります。

その後、自分たちがいいなと思ったハウスメーカーだけ訪問するようにすると、効率よくハウスメーカー選びができますよ。

▼ 家づくりの定番サイト ▼

\ 累計利用者110万人の人気サイト/

※完全無料・3分で完了!

▼私が実際にカタログ請求をした体験談はこちら

番外編|中立的な立場の住宅のプロに相談するのもアリ

休めばいい。夫婦で話し合いすればいい。情報収集すればいい。などと書きましたが、

  • どうしても○月までに建てたい。休んでなんかいられない
  • 仕事が忙しいから情報収集すら面倒。でも新築は欲しい

っていう方もいますよね。

そんな方は、プロにお願いするという手段もあります。

話を聞いた上であなたに合った注文住宅会社を中立・公平な立場から紹介してくれるサービスです。

必ずしもそこで決めないといけないという訳ではないので、ちょっとプロからアドバイスが欲しいなっていう動機で使ってみても全然OK。

自分だけではずっと悩んでいたのに、プロと相談することですっと理解できたり、新たな発見があることも多いものですよ。

全国展開している無料相談窓口としては、「注文住宅相談センター」があります。

注文住宅相談センターの特徴
  • 電話で無料相談ができて、アドバイスが受けられる
  • 土地探しや資金計画の相談もできる
  • 中立的な立場でおすすめハウスメーカー、工務店を紹介してもらえる
  • 紹介されても契約する必要なし。ハウスメーカーへ「キャンセルの代行」もしてくれる

色々相談しても一切費用はかかりませんから、「ハウスメーカー選びで悩んでます」「自分達に合うハウスメーカーがわかりません」って相談すれば、おすすめのハウスメーカーを紹介してもらえますよ。

まとめ

ハウスメーカー選びは大変でみんな疲れます。あなただけじゃありません。

しかし、中でもこんな人はなかなか前へ進まなくて大変です。

  • なんとなくハウスメーカー巡りをしている人
  • 自分達の要望が決まってない人(どんな家を建てたいかがわからない)

当てはまった人は、ぜひ以下の方法を試していてくださいね。

ハウスメーカー選びに疲れた時に試してほしいことは以下の3つです。

  • 一旦家づくりの事を考えるのを休む
  • 夫婦でゆっくり話し合う
  • 家にいながらハウスメーカーを絞る

新築なんてほとんどの人が一生に一度きりの買い物です。

しっかり悩んで、納得いく家を建てましょう。

そして住むのが楽しみになるワクワクする家づくりになりますように。

▼ 家づくりの定番サイト ▼

\ 累計利用者110万人の人気サイト/

※完全無料・3分で完了!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる