新築のダイニングの間取りの後悔・失敗ポイントまとめ|キッチン横並びにも注意

新築ダイニングの間取りの後悔ポイント

アパートではリビングにローテーブルを置いて座卓で食事だったという方でも、新築ではダイニングのある間取りを作る予定の方も多いのではないでしょうか?

ダイニングがあると、

  • 食事のたびにリビングを片付けなくていい
  • キッチンからの動線が良く、配膳・片付けがラク
  • 生活にメリハリがつく

など、たくさんのメリットがありますよね。

しかし、新築のダイニングの間取りで後悔したという声はたくさんあります。

私の家づくりの経験と家を建てた先輩方の後悔ポイントをまとめると、新築ダイニングを考える際は、主に

  • 配置
  • 照明
  • コンセント

という点に注意していくことが重要です。

この記事では、ダイニングの後悔・失敗ポイントを

  • 間取り(広さや配置)
  • 設備(窓・照明・コンセント)など

に分けて具体的に紹介していきます。

「間取りづくりの時に、あらかじめ後悔してしまうポイントが分かっていれば対策をすることが可能」なので、ぜひ参考にしてください。

すみこ

大きな失敗を未然に防いで、最高のダイニングを作ろう

カタログは間取りアイデアの宝庫/

「こんなアイデアあったなんて知らなかった」が一番後悔するので、
たくさんの間取りを見て、取り入れたいアイデアを見つけよう!

目次

新築のダイニングの後悔・失敗ポイント4選【間取り編】

新築ダイニングの間取りの後悔ポイント

では、新築のダイニングの間取りの後悔ポイントを紹介します。

  • キッチンとダイニングを横並びにしたら動線が悪くなった
  • ダイニングが狭くて希望のテーブルが置けなかった
  • ダイニングからテレビが見えなかった
  • ダイニングとは別にスタディスペースを作れば良かった
すみこ

間取りは後から変更するのが難しいから重要だよ

キッチンとダイニングを横並びにしたら動線が悪くなった

キッチンダイニング横並び

食事の配膳や片付けが圧倒的に楽であると人気の「キッチンとダイニングの横並び」。

ですが、間取りや生活スタイルによっては、動線がイマイチと感じる人も多いのです。

雑な手書きで申し訳ないのですが、キッチンとダイニングをぴったりと横付けした場合、リビングからの移動距離が長くなってしまうのです。

キッチンへ入るのは、食事の時だけではありません。

  • お風呂上りに飲み物を取りに行く
  • おやつを取りに行く
  • ゴミを捨てに行く

など、一日に何度も入るので動線が問題ないか確認しておきましょう。

すみこ

キッチンとダイニングの間にを少し通路を設ける事ができる場合は問題ありません

出典:一条工務店公式HP

キッチンとダイニングの間に通路を設ける事が難しい間取りの方は、冷蔵庫やゴミ箱の位置をできるだけリビングに近い位置に配置するなど工夫しておくといいかなと思います。

また、リビングダイニング横並びの注意点は他にもあります。

ダイニングからキッチンが丸見え

キッチンとダイニングを横並びにしたら、キッチン内が丸見えになります。

お客さんなどにゴチャゴチャしているキッチンを見られるのが気になる方は、注意しておきましょう。

ダイニングが狭くて、希望のテーブルが置けなかった

図面だけではイマイチ広さがわかりませんよね。

住んでみると、ダイニングが狭くて

  • 通路幅が狭かった(椅子に座っている時、後ろを通れないなど)
  • 家族が増えたけど大きなダイニングテーブルを置く事ができなかった

なんて事もあります。

出典:acxis

家族の人数によって、最適なダイニングテーブルの大きさは変わりますので、図面に置きたいテーブルを書き込んでしっかりとチェックしてみましょう。

家族の人数がまだ確定していない人は少し余裕を持った間取りにしておくのことが大切ですね。

また、LDKが狭い場合は、無理にダイニングテーブルを置かないという考え方もあるので、気になる方は確認していてください。

ダイニングからテレビが見えない

間取りによっては、ダイニングからテレビが見えないのが不便だという意見もあります。

  • ダラダラした食事にならず、メリハリがつく

という点ではいいですが、家庭によって生活スタイルは違います。

  • 子供がテレビを見て全然食べないから、食事中はテレビをつけない
  • 夜の晩酌はテレビを見ながら、のんびりやりたい

など、自分のライフスタイルに合わせて間取りを作りましょうね。

すみこ

テレビが見たいという理由で、結局ダイニングを使わなくなるのはもったいない!

ダイニングとは別にスタディスペースを作ればよかった

リビング学習

最近の子供はリビング学習が主流ですが、ダイニングテーブルで勉強すればいいよね?と思っていたけど、やはりスタディスペースを作れば良かったと後悔する人もいます。

理由は、

  • 食事の度に片付けるのが面倒
  • 想像以上にダイニングテーブルが汚れる
  • 在宅勤務が増えた
  • 勉強するには照明が暗い
すみこ

子どもが工作をしていて、カッターでダイニングテーブルに傷が入ったという人も…

スタディスペースもずっと使うわけではないかもしれないので、必ず必要とは思いませんが、片付けが不要で勉強に集中できる場所がLDKのどこかにあるといいですね。

\簡単3分!オリジナルの間取りをリクエスト/

新築のダイニングの後悔・失敗ポイント4選【設備編】

新築ダイニングの間取りの後悔ポイント

次に、新築のダイニングの設備に関する後悔ポイントを紹介します。

  • ダイニングをペンダントライトにしてしまい、配置を変えられない
  • ダイニングが暗かった
  • ダイニング近くにコンセントを付けておけば良かった
  • ダイニングテーブルの脚に失敗し、家族が増えた時に対応できない

ダイニングをペンダントライトにしてしまい配置を変えられない

ダイニングにお気に入りのペンダントライトを飾るって、すごくオシャレですよね。

ただ、ペンダントライトで後悔している人はすごく多いです。

理由は、ダイニングテーブルの位置を変えにくいから。

  • ダイニングテーブルを少し横にずらしたい
  • ダイニングテーブルの向きを縦から横に変えたい
  • ダイニングテーブルのサイズを変えたい

こういった時、照明がテーブルの中心がズレてしまうので、おかしくなります。

すみこ

ペンダントライトがダメなわけじゃないよ。
工夫次第で素敵な空間が作れるよ

ダイニングにペンダントライトをつける場合は、

  • 置きたい家具の配置をしっかりと考える
  • ダクトレールをつけておく

という事に注意しておきましょう。

ダイニングが暗かった

  • 白熱電球にしてしまい、暗かった
  • ペンダントライトの数を2つにしたが、3つにすれば良かった
  • 電球色にしたが、勉強するには少し暗かった

こういったように、ダイニングの照明が暗かったと感じる後悔もあります。

出典:照明の種類が食物のおいしさに与える影響

基本的にダイニングでは、電球色の方が食事がおいしく見えると言われています。

しかし、細かい作業をするには昼白色の方が良く見えます。

ダイニングで勉強や裁縫なども行う場合は、温白色の照明がおすすめです。

食事以外の使い方もするという家庭は、

  • 昼白色のダウンライト+電球色のペンダントライト

というように、使い分けができるようにしておくのもいいですね。

ダイニングテーブル近くにコンセントをつけておけば良かった

ダイニング付近では、コンセントを意外とよく使うのでつけとけば良かったという後悔もよくあります。

ダイニング付近のコンセントの使い道
  • ホットプレート
  • 卓上IHクッキングヒーター
  • タコ焼き機
  • 携帯電話、タブレットの充電
  • モバイルバッテリーの充電
  • アイロン
ダイニングテーブル上にコンセント

また、ダイニングの床にコンセントを付けたけど、テーブルの高さに合わせてつければよかったという意見もよく耳にします。

すみこ

座っている時はもちろんだけど、立っている時も腰の高さくらいにコンセント位置がくるので、すごく使い勝手がいいです。

ダイニングテーブルの選びに失敗し、家族が増えた時に対応できない

ダイニングテーブルはサイズや雰囲気、素材などで好みのものを選ぶと思います。

しかし、思いがけない後悔をしたという方もいます。

それは、ダイニングの脚の形のせいで、王様席に座れないというもの。

すみこ

一生もののダイニングテーブルを買う人もいると思うので、要注意!

まだ家族の人数が確定していない場合は、

  • 将来的に家具を買い替える可能性も考えておく
  • はじめから、少しゆとりのある大きさの家具を購入する
  • 王様席も使えるような脚のダイニングテーブルにする

新築マイホームの間取りで後悔しないための3ステップ

たった3つのステップを踏むだけで、間取りで大きな失敗はしなくなります。

どれも家にいながら簡単にできる事なので、ぜひやってみてください。

STEP.1|たくさんの間取りを見る

間取りを作るには、まずやりたい事をピックアップする必要があります。

はじめての家づくりであなたの頭の中で浮かぶ家といったら、「実家」「今住んでいる家」「友人の家」せいぜいこれくらいですよね。しかし、時代やライフスタイルの変化に合わせて、間取りのトレンドやアイデアはどんどん変わってきています。

建てたあとで、

  • こんな事出来たなんて、知らなかった( ;∀;)
  • 知っていたら、やりたかったなぁ( ;∀;)

と後悔するなんてイヤですよね。

そのためには、とにかくたくさんのおうちや間取りを見ましょう。

手っ取り早くたくさんのおうちや間取りを見るには、カタログ一括請求サイトを使うのが一番。

各住宅会社のカタログには、力を入れているポイントや間取りのアイディアなどが写真多めで載っているので、様々な資料を集めてみましょう。

すみこ

たくさんの住宅会社(大手ハウスメーカーから地元の工務店まで)のカタログを見ることで、自分のやりたい事が見えてくるよ。

全国600社の優良企業の間取りプランを無料一括依頼

簡単3分で依頼完了!

タウンライフ」というサービスを利用すると、通常ハウスメーカーの営業さんと少なくとも3回は打ち合わせをしてようやくもらえる間取りや見積もりが、家にいながらGETできます!しかも複数社一括で!

>>私のタウンライフを利用した体験談

STEP.2|よくある後悔ポイントをチェックする

家は3回建てないと、満足のいく家にならないって聞いた事ありませんか?

それほど考える事も多ければ、後悔している人が多いということです。

しかし、家を建てた事がある先輩たちの

後悔ポイント・失敗談を知っておけば、対策する事が出来、大きな失敗は未然に防げます。

このブログでも、よくある後悔ポイントを細かく載せていますので、ぜひ自分の家は大丈夫だろうか?とチェックしながら確認していってください。

STEP.3|出来上がった間取りをプロに最終チェックしてもらう

契約前ってどうしても

  • 本当にこの間取りで大丈夫かな?
  • もっといい間取りはないかな?

と不安になるものです。

そんな時は、契約する前に、担当してくれている設計士さんではない第三者のプロの設計士さんへ「間取り診断を受ける 」という方法がおすすめです。

個人でも簡単に「間取り診断」をお願いできるサービスは「ココナラの間取り診断」です。

ココナラの間取りのセカンドオピニオン
  • 暮らしやすい間取りになっているかの診断をしてもらえる
  • 納得がいくまで何度でも修正してくれる
  • オンラインで対応可能
  • 良心的な価格
すみこ

自分で考えるより、圧倒的に知識や経験が豊富だから安心だよ

\いい設計士さんに出会える/


>>私の間取り診断を受けた体験談

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる