スロップシンクで後悔!いらなかったと感じる前に知っておくべきメリット・デメリット

注文住宅を作る際の希望の一つによく挙がるスロップシンク。

靴や雑巾、運動着、泥付き野菜など洗面所やキッチンのシンクで洗うのをためらってしまうようなものを洗うのに便利なため新居ではつけたいという要望がよく挙がる人気の設備です。

しかし、あまり深く考えずに決めてしまった人の中には、スロップシンクで住んでから後悔してしまうケースも珍しくありません。

「いらなかった…」「つければよかった…」とならないためにも、この記事ではスロップシンクの後悔しやすいポイントを紹介します。

カタログはアイデアの宝庫/

「こんなアイデアあったなんて知らなかった」が一番後悔するので、
たくさんの間取りや設備・デザインを見て、取り入れたいアイデアを見つけよう!

\予算別・人気テーマから選べる/

目次

スロップシンクでよくある後悔6選

出典:https://www.maruto-s.com/works01/5589/

スロップシンクは、一体どんなところに後悔しやすいのか?スロップシンクのよくある後悔ポイントを紹介します。

  • いらなかった
  • つければよかった
  • お湯も使えるようにすればよかった
  • 屋外に設置すれば良かった
  • シンクの高さを高めにすればよかった
  • シンク上に水切り棚を付ければよかった

それぞれ解説していきます。

①いらなかった

スロップシンクが「使ってない・いらなかった」という声が多くあります。

あまり使ってないとゴミやほこりがどうしても溜まってしまいますし、設置場所によっては虫が入っちゃうことも…

使い方によっては、排水管が詰まってしまうことも多くあります。

何より使わないものを設置するのはお金もスペースももったいないですよね…

ちなみに我が家はあると便利だろうなと思いつつも、スペースがなく不採用。

▼深型の大きめの折り畳みバケツで代用していますが、なんとか間に合っていますので参考にしてください。

②つければよかった

逆にスロップシンクをつければよかったという声も多くあります。

洗面所やキッチンのシンクで代用することも可能ですが、やはり汚れものを洗うには抵抗があります。

また、つけ置きなどをしていると洗面所やキッチンのシンクが使えなくなるため、スロップシンクをつければよかったと後悔する人も多くいます。

使い道や頻度に応じて、採用するかどうかを決めていきましょう。

スロップシンクの主な使い道
  • 雑巾洗い
  • 靴洗い
  • 絵の具や習字道具洗い
  • 運動着の予洗い
  • 作業着のつけおき
  • 嘔吐やおねしょ布団の漂白
  • 布おむつや布ナプキンを洗う
  • 泥付き野菜を洗う
  • ペットを洗う
  • 水を張って、すいかを冷やす

③お湯も使えるようにすればよかった

汚れものを洗う場合には、お湯も使えると汚れ落ちが格段に上がります。

また、ベランダや屋外にスロップシンクを設置した場合は、冬場は特に水が冷たくて過酷になりますので、出来ることであれば、お湯も使えるように給湯配管をつけておくことをおすすめします。

④屋外に設置すればよかった

汚れ物は外で洗いたいという声もあります。

家庭菜園やガーデニングをやる人は庭やベランダに設置するのが便利ですね。

また、家の中の洗濯機横にスロップシンクを作ることが間取り的に無理であきらめた人も脱衣所に勝手口をつけて庭にスロップシンクを置けばよかったという意見もありました。

スロップシンクが欲しい人は、間取りや広さ的にすぐに諦めずに、庭やベランダに設置することも検討してみてもいいですね。

ただし、寒冷地の方は水道管が凍結しないか?を確認しておきましょう。

⑤スロップシンクの高さを高めにすればよかった

スロップシンクはシンクが深いので、高さをしっかりと確認しておかないとゴシゴシ洗っているうちに腰が痛くなる可能性があります。

ショールーム等で体験してみて、高さまでしっかりと指定して使いやすいスロップシンクにしましょう。

⑥スロップシンク上に水切り棚をつければよかった

スロップシンクの上に水切り棚をつければよかった…という声もあります。

確かに洗った雑巾や靴などの水切りや干すことが出来ると最高ですよね!

スロップシンクのメリット・デメリットを紹介

出典:https://sumai-seiken.com/

改めてスロップシンクのメリット・デメリットをまとめておきます。

便利そうだけど、後悔しないか採用すべきか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

メリットデメリット
汚れ物を洗いやすい
つけ置き洗いが出来る
水が貯められるので、防災面で便利
設置費用とスペースが必要
種類が少ない

スロップシンクの設置費用はおおよそ5万~10万程度です。

しかし、外ではなく洗面所・脱衣所・玄関など家の中にスロップシンクを設置する場合は、0.5坪程度のスペースが必要です。

坪単価60万だとすれば、スペースも合わせるとスロップシンクにかかる費用は40万程度と考える事ができます。

使う頻度とその他の間取りとの優先順位を考えながら、採用するか検討する必要がありますね。

スロップシンクで後悔しないためのチェックポイント

スロップシンクで後悔しないために考えておくことをまとめました。

  • 使用目的を明確にする(本当にいる?使用頻度は?代用可能?)
  • 設置場所を検討する(ランドリールーム?ベランダ?庭?玄関?)
  • お湯も出るように混合水栓にする
  • 設置する高さを確認する(腰が痛くならないように)
  • 床や周りの壁を汚れにくい素材にする(汚れや水が飛び散る可能性があるため)
  • スロップシンク上に水きりパイプ棚があると便利
  • 水栓が壁付けの方が根本が水垢で汚れない

子育て世帯はあると便利なスロップシンクですが、どれくらいの期間・どれくらいの頻度で使うのか?をよく考えて採用するかを決めることが大切ですね。

またスロップシンクを採用する場合は、後悔しないように細部までこだわってみてくださいね。

スロップシンクは後付け出来る?

スロップシンクを設置するか迷っている方のために、後付け可能なのかを紹介します。

スロップシンクの後付けは、給排水の配管が可能で十分なスペースさえあれば可能です。

費用も10万~15万程度。

今は採用するか迷っている方は、スペースだけ確保しておくのもアリですね。

ただし、床や壁をはがして給排水工事の必要が出てくるので、必ずハウスメーカーに後付け可能か聞いておくようにしましょう。

スロップシンクの後悔まとめ

この記事では、スロップシンクのよくある後悔ポイントを紹介しました。

  • いらなかった
  • つければよかった
  • お湯も使えるようにすればよかった
  • 屋外に設置すれば良かった
  • シンクの高さを高めにすればよかった
  • シンク上に水切り棚を付ければよかった

人気のスロップシンクにもデメリットがありますし、細部まで検討しておかないと後悔する可能性もあります。

ぜひ、この記事を参考に後悔のない家づくりをしてくださいね。

新築マイホームの間取りで後悔・失敗しないための3ステップ

たった3つのステップを踏むだけで、間取りで大きな後悔・失敗はしなくなります。

どれも家にいながら簡単にできる事なので、ぜひやってみてください。

STEP.1|たくさんの間取りを見る

間取りを作るには、まずやりたい事をピックアップする必要があります。

はじめての家づくりであなたの頭の中で浮かぶ家といったら、「実家」「今住んでいる家」「友人の家」せいぜいこれくらいですよね。しかし、時代やライフスタイルの変化に合わせて、間取りのトレンドやアイデアはどんどん変わってきています。

建てたあとで、

  • こんな事出来たなんて、知らなかった( ;∀;)
  • 知っていたら、やりたかったなぁ( ;∀;)

と後悔するなんてイヤですよね。

そのためには、とにかくたくさんの間取りやアイデアを見ましょう。

手っ取り早くたくさんのおうちや間取りを見るには、カタログ一括請求サイトを使うのが一番。

各住宅会社のカタログには、力を入れているポイントや間取りのアイディアなどが写真多めで載っているので、様々な資料を集めてみましょう。

すみこ

たくさんの住宅会社(大手ハウスメーカーから地元の工務店まで)のカタログを見ることで、自分のやりたい事が見えてくるよ。

中でも「ライフルホームズ」ならどんな家を建てたいか?ローコスト住宅・自然素材の家・平屋などテーマに合わせた住宅カタログを探すことができます♪

カタログの好きなイメージ写真を切り抜いて、スクラップブックを作るのにも最適です!

>>私がライフルホームズを利用した体験談

STEP.2|よくある失敗・後悔ポイントをチェックする

家は3回建てないと、満足のいく家にならないって聞いた事ありませんか?

それほど考える事も多ければ、後悔している人が多いということです。

しかし、家を建てた事がある先輩たちの

後悔ポイント・失敗談を知っておけば、対策する事が出来、大きな失敗は未然に防げます。

このブログでも、よくある後悔ポイントを細かく載せていますので、ぜひ自分の家は大丈夫だろうか?とチェックしながら確認していってください。

STEP.3|出来上がった間取りをプロに最終チェックしてもらう

契約前ってどうしても

  • 本当にこの間取りで大丈夫かな?
  • もっといい間取りはないかな?

と不安になるものです。

そんな時は、契約する前に、担当してくれている設計士さんではない第三者のプロの設計士さんへ「間取り診断を受ける 」という方法がおすすめです。

個人でも簡単に「間取り診断」をお願いできるサービスは「ココナラの間取り診断」です。

ココナラの間取りのセカンドオピニオン
  • 暮らしやすい間取りになっているかの診断をしてもらえる
  • 納得がいくまで何度でも修正してくれる
  • オンラインで対応可能
  • 良心的な価格
すみこ

自分で考えるより、圧倒的に知識や経験が豊富だから安心だよ

\いい設計士さんに出会える/


>>私の間取り診断を受けた体験談

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる